稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
十二国記新作「丕緒の鳥」(ネタバレ無)、を読む
お久し振りです、マレです。更新を一週間以上あけたのは開設して以来初めて・・・
明日が入稿締め切りなんで、ギリギリまで誤字脱字チェックです。
そして・・・今・・・履歴書書いてます・・・
毎日胃が痛い・・・誰か雇ってください。


そんな中、もう何よりもまず、これだけは・・・!ということを。


yom yom (ヨムヨム) 2008年 03月号 [雑誌]yom yom (ヨムヨム) 2008年 03月号 [雑誌]
(2008/02/27)
不明

商品詳細を見る



『こんなにも貴方の新刊を待つ民がいるのです・・・!』


そんな名言を生みだした小野不由美作・十二国記に新作が出ました・・・!!!!!!
な、7年ぶりって・・・!!!!!!
新刊じゃない。短編が雑誌に掲載されるだけ。それだけなのにこの喜び・・・
思わずニュースを聞いたときは心の中で「ソクイーーーーーーーーーー」と叫びましたがな。


読み終わった今でもまだ信じられません。
夢みたい。


私が十二国記と出会ったのは高校生の頃です。
図書館においてあった「月の影 影の海」を一気に読んで、呆然としたのが事の始まり。
そこからは転げ落ちるようにはまりました。
確か当時は「図南の翼」までしか出ていなかったんですが、私がそれまで読みつくしたところで
ちょうど新刊が発売されました。
この新刊自体が、図南の翼から5年ぶりだったという・・・

そこから7年。
途中アニメ化やゲーム化もあって、なんど続編のチャンスかと期待しながらも
原作サイドからは何も起こらなかった7年。
長かったです。
毎日データサイトをチェックしてはまだかなー、まだかなーと言って7年。
物語とオーバーラップして、王の無い国の民のような気持ちでした。
昇山できるもんならやってやりたいと思った日々。

今年の二月頭に新作の報を聞いたときは、まさに「ソクイ!」と白雉が頭で叫びました。


今、体力が無いんで本文に触れた感想が書けないんですけど、
ただ一ついえることは、読み終えた瞬間涙が止まらなくなりました。
小野先生の筆で、十二国記の世界がまた読むことが出来るこの幸せ。
小野先生が、まだ十二国記を書く気があったというただそれだけのことでも嬉しい。

ここから何年待つのだろうと思うと途方も無いのもまた事実ですが、
今日という日は、忘れられないです。

『 これほどにも、十二国記は人々の希望の全てなのだ、と』

ついパロってしまうなぁ・・・涙。
スポンサーサイト

【2008/02/28 07:35】 マンガ以外の書籍感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
このページの先頭へ
<<Web拍手のお返事 | BLOG TOP | 近況>>
この記事に対するコメント
マレさんこんにちは。お疲れ様で御座います。

『十二国記』の新作…

出 た の で す ね 、つ い に  。

「新作短編が登場」と情報では知っていたのですが、あまり現実感が無くて・・・。
現実感が無くなるほど待ち詫びていました。

まだ私は『yomyom』を手にしてはいませんけど
近日中に来るであろう”その瞬間”が、楽しみで仕方ありません。
【2008/02/28 14:48】 URL | 水木 #WCKhf2ts [ 編集 ]
マレさんお久しぶりです。
回復されてるようでとても安心しました。

この記事を今朝タイトルを読んで知りました。
駅の中にある書店で今朝早速買いました。
これから読むので記事内容は読んでません。
目を細めて文字がぼやけるようにして書いてます。

読んだら感想書きます。
【2008/03/04 11:59】 URL | STERNE #- [ 編集 ]
>水木さん
お返事がとても遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
水木さんも十二国記お好きなんですね!
もう、その瞬間は訪れましたでしょうか。
震えるほどの感動がありますよ~是非また感想を聞かせてください!
【2008/03/05 18:46】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
>STERNE さん
もう読み直されたかもしれませんが、実はこの記事、ネタバレなかったんです。
最初はネタバレあり感想にしてたんですけど、途中で
「こんなんじゃだめだ!!!」と内容に触れることをやめてしまいました。
STERNEさんのお読みになった感想はどうでした?
【2008/03/05 18:49】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
本当だ!ネタバレじゃなかった!

ちゃんと読みました。
帰宅途中の電車の中で待ちきれずに。
十二国記は今から12年前に読み始めてますが
インターバルの長さを再読でごまかしつつ
しかも何度読み返しても面白いこのシリーズの新作短編。
期待で胸踊りましたね。

残りページを気にしながら読みました。
『まだあるよね、まだ読み終わらないよね
ああ、終わっちゃうよぉ~』と一人思いながら読んでました。

どこの国の話かなと思ったら景だったので嬉しかったかな。
ラストの陽子の清々しさは何度も繰り返し読んでしまい
丕緒の感情にシンクロしてるのでは?と思ってました。

長編が読みたくなったかなー。
あー欲が出てきてしまったぁ。
・・・長文失礼しました。


【2008/03/06 13:27】 URL | STERNE #- [ 編集 ]
>STERNEさん
新潮社から出ると聞いた時、これは魔性の子路線で、慶は期待できないかな・・・と諦めてました。
それだけに、「予青」という字を見た瞬間心は祭りでしたよ。

再読に耐えうる作品こそ名作なんですね。
私も読み返したいと思います。
ああ、泰王は・・・どうなったというの・・・
【2008/03/08 18:50】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/869-b3a5ba8e


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 十二国記新作「丕緒の鳥」(ネタバレ無)、を読む ... 稀有なほど希