稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
新選組!!土方歳三最期の一日後編再放送、をみる
新選組!! 土方歳三最期の一日新選組!! 土方歳三最期の一日
(2006/04/21)
山本耕史

商品詳細を見る



…まだ頭がぼーっとしています。

なんかこう…色々言いたいことがあるんだけど、言葉にしてしまうともったいない気がする…
新選組!に出会った2004年は私的パラダイムシフトだったんですが、
新選組!!は、また違うなにかがあります。

先週よりはもう泣いて泣いて目も開けられない、ということはありませんでした。
それよりもワクワクのほうが大きかった。
先週が、本編への懐古として泣いてしまったのが、後編ではまったくそんなことはなく。
どうやって官軍を倒すか、土方榎本大鳥で戦略を語り合う姿は、
「もしかしてなにか起きるかも?」と歴史を知っている視聴者に思わせてくれます。

糸井重里さんだったでしょうか。
続編を期待している視聴者は、「土方の死を見に来ている」と仰られたのは。
まさしくその通りで、新選組!!が始まるまでは「どう土方が死ぬのか」ばかりに
気をとられていたように思います。
しかし、実際ご覧になられた方はお分かりかと思うんですが、
「もしかして戦況ひっくりかえすんじゃ…」と感じさせる力がありました。

(この、歴史を知っている、ある種ゴールから作品を見ている視聴者への
挑戦を、本編でも三谷さんは果敢に行なわれてました。
例えば「流山」「龍馬暗殺」。絶対近藤は捕まる、坂本は死ぬと、後の歴史に立つ我々は
知っているのに、「もしかして生き残るんじゃ…」とぎりぎりまで思わせる展開に、
何度私たちは息を飲み、胸をつまらせたんでしょうか。)


土方は死ぬ。それは確かなのに、もしかしたら生き残るんじゃないか。という期待。
これはまさしく、「死ぬ姿を見に来た」我々への三谷さんからの挑戦状です。
そして、本編でも大きなテーマであった「いかに生きたか」に、続編も繋がるんですね。

新選組は史実も創作も良く語られるのが「滅びの美学」ということ。
このことへの三谷流アンチテーゼでもあるんだと思います。
そして、私も「滅び」が何が美しいんだと言いたい。
滅びの美学というのはあくまで後の歴史が語ることであり、
そんな後だしジャンケンどうでもいいんです。
滅ぶことは何も美しくなく、ただ負けたと言う事実のみが残るだけ。そうではなく、
「たしかにそこに生きた人がいて、正しいかどうかはわからないけれど、
何か後につなげ様とした生き様」こそがもっとも尊いのではないでしょうか。

私が後編で泣いたのは、最後の永井様降伏(また永井様で泣いてるのか私。)、
そして主題歌を背景に、多摩へと走り抜ける市川鉄之助の後姿でした。

紛れも泣く、「未来」なんですよね。


かっちゃんからトシに、トシから鉄にバトンは受け継がれ、
そして今、私たちは彼らを見てどう思うのか。
それは決して滅びの美学ではないのです。




酔った勢いで書き連ねてしまいました。
乱文失礼…!




続編再放送(前編)感想
本放送時続編キャラ別感想
スポンサーサイト

【2007/12/20 21:56】 2007年08年組!と組!!(三谷もの含)感想 | TRACKBACK(1) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<香取慎吾&さかなクンのギョギョスペ!!、のこと | BLOG TOP | 新選組!!後編再放送まであと二時間…!>>
この記事に対するコメント
こんにちは。

うちでも簡単な感想を書いたので、酔っちゃいませんが勢いでトラックバックしてみました。(ちゃんと送れたかな?) 全く大した事は書いていないうえに三分の二は私情の愚痴で埋まっているというしょうもない内容で恐縮ですけども、この虚脱感を共有したくて。私も未だぼーっとしています…。


少ないながらもこれまでに何冊かの新選組の小説を読んできまして、それらに描かれていたのは、「死に場所を探す土方」「ひたすら戦場で死にたい土方」でした。だから、三谷脚本の「生きようとする土方」の姿がたまらなく鮮烈で、魅力的でした。

私も「土方がどう死ぬのか」ばかりを気にしていたように思います。なぜなら、最後に土方が死ぬという事がわかりきっていたから。その思考が新選組!!で大きく揺さぶられたのがまた、たまらない快感でもあります。マレさんの記事を読んだらさっきから頭の中でボヤボヤ渦巻いていたものがかなりスッキリしました。


あとですね、コメントの送信に一度失敗してしまいまして、もし変なのが投稿されていたら消してください。
【2007/12/20 23:50】 URL | 水木 #WCKhf2ts [ 編集 ]
>水木さん
こんにちわ!
一日経った今でもまだ抜けきらずにもやもやしています。
水木さんも同じということで安心かつ嬉しかったです。
ト、トラックバックきておりません…!
私もこの後送らせていただこうと思うのですが、コメントも一度うまくいかなかったとのこと。
まこと申し訳ありません。

私は近藤オタなので、「死に場所を求める土方像」が近藤依存であるように思えて、
少し嬉しく思っていたのですが、そのような考えを打ち砕く三谷土方でした。
どう生きたか、それが本編での近藤さんの生き様だったのだから、
土方もどう生きたのかに目を向けなければならなかったんですね。
水木さんの仰るとおり、新しい土方像、特に箱館時代の土方の新しい捉えかただったと思います。
後半は快感でしたね。

水木さんの感想、大爆笑でした。
今からまたコメントしに伺うつもりですが、面白すぎます!
【2007/12/21 22:47】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/831-a85b1ebf


『新選組!! ~土方歳三最期の一日』の後編を観ました。 大鳥の裏返った声にクスリと笑い、榎本の語る夢に胸をときめかせ、土方の壮絶な殺陣に息を呑み、鉄之助に託された未来に思いを馳せ、終わりました。すごいなぁと思うのが、土方が死ぬという展開は(このドラマ?...
昇月堂(銀)【2007/12/22 12:40】
このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 新選組!!土方歳三最期の一日後編再放送、をみる ... 稀有なほど希