稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
初恋限定。武居先輩&渡瀬めぐるのススメ、のこと
今週の「初恋限定。」に登場した武居先輩に、
本気で惚れこんでしまいました。
もう読み返しすぎて、武居スマイルシーンではページが割れてしまう始末。
この一話が入っているというだけで、私は初恋限定。1巻を買う…!!

必死になって武居先輩がステキーと言っているサイト、ブログはないかと
探したんですけど、一向に見つからなかったため、
萌えを自転車操業するべく記事にしました。
こういうときブログをやってて本当に良かったと思います。

ネタバレになるのでread moreにわけますが、
誰も読んでくれない気がするんだぜ。
同志は誰かいないものか…!!!武めぐサイコー!!!








武居先輩の何が素晴らしいか、それを語る前にまず、
今回のヒロイン渡瀬めぐるちゃんと、
第9話「トキメキドルフィン」を解説しなくてはいけません。

タカヒナの乱雑日記さんの「初恋限定。」人物相関図(2007年週刊少年ジャンプ52号掲載分適用)が、
この入り組んだ「初恋限定。」の人間関係を分かりやすくしてくださっているので
どうぞ参考に。

めぐるちゃんは、今まで登場した高1組、山本岬さんや江ノ本夕さんのお友達です。
(このマンガは大概高校生組と中学生組にわかれているのです)
今まではちょいちょい顔を見せてくれましたが、今回彼女にスポットライトがあたりました。

そのめぐるちゃん、実は萌え記号のオンパレード。
「委員長」で
「メガネ」で
「かくれ巨乳」…

ん?かくれ?
そう、めぐるちゃんは巨乳コンプレックスだったのです。

そのため、サイズの小さなブラをしたり
(これは女子視点の意見ですが、めぐるちゃん!それはやめとけー!!
成長期だし、骨が歪むよー!息がしにくいよ!!!)
オリンピック候補生だった水泳をやめてしまいした。

高校も水泳授業のない学校を選んだめぐるちゃんでしたが、
そこで再会したのが、スイミングスクールで一緒だった武居先輩なのでした。

武居先輩は弱小水泳部を強くする為、めぐるちゃんを勧誘すべく追い回します。
競泳用水着にキャップという変態そのままの姿で…!
水泳をやめた本当の理由を、先輩にいえないめぐるちゃん。
彼女を心配した岬さんと有さんでしたが、
めぐるちゃんは追い回されること自体に抵抗はないのだと言うのです。

武居先輩は…めぐるちゃんの初恋の人だから…

対戦して、渡瀬が勝てば何でも言うことを聞くと宣言する武居先輩に、
岬さんはチャンスだとめぐるちゃんに告げます。
「勝ったらデートのひとつでも約束してもらえばいいんじゃない?」

そうして決戦の日、
競泳水着に身を包んだナイスバディのめぐるちゃんVS武居先輩の背泳ぎ勝負。

結果は大差でめぐるちゃんが勝利を収めます。
それを笑顔で感謝する武居先輩…
「ありがとな泳いでくれて」「やっぱ渡瀬は速いな!!」

改めて、そんな先輩に胸をときめかせるめぐるちゃん。

オチとして、何でも言うことを聞く!という約束に、めぐるちゃんは動揺のあまり
服をちゃんと着てくださいと、言ってしまうのでした…




あらすじを書いていて、萌えのあまりに何回「ムハー」と言ったか分かりません。
ムッハー。っていうため息。鼻から出る感じ

で、武居先輩の魅力なんですけど、やっぱり一番は

・性的な視線で相手を判断しない

に尽きると思います。
水泳バカで、傍若無人で、相手を巻き込む身勝手さ…でもそのまっすぐさが素敵。
それは、相手を表面的な部分で見ていないことに繋がるから…。
まして、巨乳コンプレックスを持つめぐるちゃんにとって、
自分の水着姿になんの興味を持たない武居先輩の存在は救いでもありますよね。

で、そこでめぐるちゃんの中にある「1人の人間として評価されたい」という部分と
「女としてのプライド」という部分の葛藤が、
この二人の関係がツボるポイントじゃないでしょうか。

少なくとも私にとってそこが萌えどころです。
武居先輩1人でもものすごく好きなんですが、やっぱりめぐるちゃんが彼を好きで、
その好きになる理由というのに共感できるから萌えのスパイラルが発生したんだと思います。


つまり、世の男性に言いたいのは、
めぐるちゃんがかわいいのは「巨乳委員長メガネ水泳少女」なのではなくて、
「巨乳なことにコンプレックスを持っている」というのは正解に近いけど惜しくて、
「巨乳なことにコンプレックスを持っているくせに、
それに目もくれない好きな男性にはちょっとしょんぼりしてしまう」
乙女心なのです。

ミニスカートは、好きな男のために履くんだよ!てめーに見せてんじゃねーよ!のアレです。


あれ…武居先輩萌えの話がめぐるちゃんオンリーに…
いえ、二人まとめて、私のストライクど真ん中だったということ。
この二人だけずっと読み続けたいというのは我侭ですか…?

あー。あまりにツボすぎて必死で二次創作探したけど全然なかった…
そのうち男性向きとかで出るかなぁ…
めぐるちゃん痴漢ものなんて言語道断。
武めぐ(勝手に付けてみました)ラブラブものなら読みたい!
武めぐのためなら禁断のパンドラの箱を開けてしまいそうです…


しかし、最後にページで着衣している武居先輩はいい!
普段の変態性が、着衣姿を神々しくさせる例ですね。
銀魂の近藤さんがストーカーをしないとえらい男前に見えるのと似ている。
近藤さんも笹川兄も武居先輩も、好きになる方向性は一緒です

オムニバスマンガな初恋限定。
次にいつ武めぐが登場するかは分かりませんが、くっつくのは確定ですよね?河下先生!
私、武めぐが出るその日まで、アンケート出し続けますー!!!



--------------------------------------
これは完全に余談です。
ぼーっと考えてたんですが、まだ詳細が分からない千倉兄が、
単なるイケメンじゃなくて女装癖があったりしたら面白いんじゃないかと思いました。
群像劇の美形男子は女装マニア。
西烔子や坂井久仁枝だとそうなるんですけど…少女マンガ出身の河下先生も
そのスピリットが引き継がれていますように…
スポンサーサイト
【2007/11/29 21:25】 初恋限定 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<Web拍手のお返事 | BLOG TOP | 銀魂DVD2ndシーズン第6巻ジャケット、のこと>>
この記事に対するコメント
はじめまして。
>「巨乳なことにコンプレックスを持っているくせに、
それに目もくれない好きな男性にはちょっとしょんぼりしてしまう」乙女心

という解釈に納得いたしました。
やっぱり女性視点からもアプローチしていかないとこの物語は奥が深い。
そもそも河下先生は女性だから尚のことだわ。と感想を持ちました。

また遊びに来させてください。
【2008/01/08 10:28】 URL | 注さん #- [ 編集 ]
>注さん
はじめまして、コメントありがとうございました!
私は第九話がとても好きなんですが、
なぜめぐるちゃんが武居先輩を好きなんだろう…と考え出すと
楽しくなってきてしまいこんな記事を作ってしまいました。
めぐるちゃんの乙女心は、大変共感できるものがあります。
これはもしかすると、女子視点なのかもしれませんね。

ラブコメをよく読む人間ではないのですが、初恋限定。は
大好きなので、今後もジャンプ感想とは別に記事にするつもりです。
よろしかったらまた読んでやってください。
【2008/01/09 18:04】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/808-4d855970


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 初恋限定。武居先輩&渡瀬めぐるのススメ、のこと ... 稀有なほど希