稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ジェシカの世界、を読む
現在投票受付中です。よろしかったらお願いします。
(詳細はこちら


ジェシカの世界 (白泉社文庫―西谷祥子傑作選) ジェシカの世界 (白泉社文庫―西谷祥子傑作選)
西谷 祥子 (2003/09)
白泉社

この商品の詳細を見る



研究に必要だったので、内容に期待とかはせずに購入しました。
が、そんな自分に渇と言いたい…!!!
ジェシカの世界に頭をガンと殴られた思いです。

西谷先生は1960年~1970年代に週刊セブンティーンなどで活躍されたマンガ家さんです。
いわゆる「24年組」より1つ上の世代を代表する方なのですが、
赤毛ものなどのラブコメをお得意とする作家さんという印象が私にはありました。
で、氷室冴子さんについて調べていくうちに、
彼女が「ジェシカの世界」にどハマリしていたとの記述を発見し、
読みたいというよりも「読まなきゃいけないなー」と感じて手に取りました。

ももももももも、ものすごいぞ!ジェシカの世界!!!

ラブコメものとうっかり軽く読んでしまい、読み終わったあとは呆然としてしまいました。
この作品の解説ほど、どう説明すればいいのやらなものもないと思うんですが、
素晴らしさを伝えたいので四苦八苦しながらまとめてみます。


裕福だけれども、父は不在、母の愛情もない家庭に育ったジェシカは、
心の中に4つの世界を作り出す。
家に帰って見せる我侭な私。
学校での退屈な普通の私。
社交界での気取った私。
そして、心の中にだけある、本当の私。
そうすることでしか繊細すぎる心を癒すことができないジェシカだったが、
やがて周囲の人物達によって彼女の世界は脅かされていく…


心理劇とサスペンスの要素、複雑な人間関係が絡み、
話は二転三転。
ジェシカの心が蝕まれていく様子がもうおっそろしいです。
これを当時読んでいた女の子達は、それはもう続きが楽しみだったろうな。
息をつく暇もなくて、読み終わった後には疲労感さえ漂います。
24年組の登場によって少女マンガは一変し、高尚の一途を辿るわけですが、
その布石はここにあり。
読んでよかった~~~
スポンサーサイト

【2007/10/26 22:01】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<web拍手のお返事 | BLOG TOP | web拍手のお返事>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/777-41a204be


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 ジェシカの世界、を読む ... 稀有なほど希