稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2007年47号、を読む※10/25訂正
銀魂本編以外で近藤さんが素敵で、わーーーーと盛り上がってます。
ジャンプSQ宣伝にある3Z銀八先生イラスト。
お妙さんの肩に手を伸ばそうとする姿がねー。
この後ぼっこぼこにされるんだろうなぁという妄想まで描きたてられます。

表情がまたハァハァしてて、いいですね。
目の前にある好きな娘に触れたいんだもの、そりゃそうです。
むしろ私はこれを超えるぐらいの顔で、このイラスト見てましたから。
そんな自分を肯定できなかったけど、
近藤さんを見れば「あ、全然ありだな。だってかっこいいもの」と素直になれます。
近藤さんはカウンセラーです。

あとはカードダス!
あまり関心がなかったので知らなかったんですが、
第三弾にして始めてクリア箔押しになったんですね、近藤さん!!!
やっと今?!!という思いとようやく気付いたか世間!という
誇らしい気持ちとがせめぎあってます。
さらし姿のフカンが男前だわ、若勲とちび総悟がかわいいわ、
ハニー近藤さんが眩しくって直視できないわ、
心の底から動揺してます。
これは集めるしかない…!とサイフに相談中ですが、全66種なんだとか。
が、頑張ります!近藤さんのために!!
とりあえずハガキで応募もしておこう。

当ブログでもただ今「あなたの選ぶ近藤さんの名コンビは」という
質問で投票を受付ております。
(詳細はこちら
左のフレームに設置しておりますので、よろしかったら是非!


それでは、今週のジャンプ感想どうぞ!






・P2!

もう一周年!早いですね。
江尻先生のあざとさにただひたすら感心していた一年でした。

あざといといえばREBORN!なんですけど、それとはまた違う冷や汗な感じ。
REBORN!が特定のファン層に訴えかける「ここまでやっちゃう?!」的な計算高いものだとしたら、
P2!のそれは「江尻先生ってば好きだなぁ…」という、ある種江尻先生の天然さを感じます。
お嬢とかあきらちゃんとか、今回の遊部豹変とか、根っから好きなんでしょうね。

私は岩熊さんが好きで、登場するたびにわーきゃー言ってますけど、
あの存在も相当あざといと思う。

江尻先生の独創性がもっと見たい!と思うと同時に、
そのあざとさも決して嫌いじゃないというのがP2!の魅力ですね。


・ONE PIECE

私はずっと、このスリラーバーク編というのは、ワンピ批判でよく挙がる
「話が長い」
「人が死なない」
という意見に対しての尾田先生の回答なんだと思ってました。
サクサクした展開、そしてブッルクさんの存在。
ブルックさんは、骨なゆえに他キャラのような超回復は難しい…
死なないにしても、塔の上から落ちてきても、それが頭で着地していたとしても
ピンピンするようなことはあるまい(つまるとことアラバスタゾロ)と信じてました。
なのになのに。

牛乳め…!!!!

なにも、ブルックさんに元気になってもらいたくない、ということではなくて、
ブルックさんが、ONE PIECEにとって新しい価値観を産み出すことを期待してたんですけど…
それでもまだ、傷を負ってフラフラである描写はあってよかった。

リスキー兄弟の中の人が!(この表現は正しいのだろうか)
ローラの中の人も気になるところです。


・銀魂

批判してます。


正直、すごく嫌な話を読んでしまった。というのが感想です。
誰も救われてないってどうなの…
結局「京次郎は嫌なやつじゃありませんでした」というオチなんでしょうけど、
それよりも、オジキも若も京次郎も誰も救われてないじゃないの。
若がかわいそう過ぎて二度読めない。
京次郎が彼の自殺を父親に話さなかったのは完全な自己満足で、
どうして自殺してしまったのか、若を救えたんじゃないかという自戒も
なにもなくって。
そのことをイイ話として進めているのが信じられませんでした。

この一連の話で、なにかいい話な部分あった?

これはなんだろう…私の不快感は、
空知先生の美学が理解できない、というところにあるのかな。
村田鉄矢が死んでしまったときから疑問が始まり、
ミツバ、伊東が死んでしまったときも、
結構愕然として批判めいたことを書いたんですが、
空知先生の中にある「登場人物の死」についてまったく理解できません。

というか、よく考えると銀魂って結構人死んでるよね。
安易にさえ思えます。
オチに死んどきゃ話はしまる、ぐらいの安易さを感じてます。


・家庭教師ヒットマンREBORN!

上でさんざんキツイ事言っておいて萌え語りとは大変恐縮なんですが、
掲載順に感想していくとやむをえないのでご了承ください。


(テンションチャージ中…)

笹川了平10年後、推参!!

来ました来ましたお兄さん!!!!
前回3コマだけ登場して、来るのか焦らされるのか、とそわそわしていたら
ストレートに登場してくれました。
ええ、ええ踊らされていますとも。
基本的に了平ファンは飢えておりますから。
来週以降簡単にモブ化してしまうことはわかってるんですから、
今ぐらいは盛り上がらないと、気持ちの持って行き場がありません。

基本的に10年後も変わっていないお兄さんなんですけど、
ちょっと大人びていて、ドキドキしました。
女の子をお姫様抱っこするお兄さんなんて、中学時代ならありえなかっただろうなー。
お兄さんの手が、女子の太ももに!臆面も無く触れている!
クローム役得ですな。

この髪型…ちょっと昔風に言えば、「ベッカムヘア」に見えなくもない
このヘアスタイルにまた、胸がもやもやします。
お兄さんが整髪剤つかってんのかと思うと…!
そんなおしゃれさんかと思うと…!やーん、すてきー。
10年後兄からは香水の匂いさえただよっている気がする。

またね、京子ちゃんとのやり取りが泣けます。
一体いつ京子ちゃんはアジトに戻ってきてたんでしょうか。
反省イベントとかはないんでしょうか。
そういうイベントを出さないことで、逆に京子ちゃんの扱いの悪さを
再確認してしまうんですけど、
「……こんなに小さかったか……」という了平さんの言葉で
水に流します。というかおつりが出るというものです。
泣いている京子ちゃんを励ます姿にも涙が。兄、最高です。


※10/25訂正
拍手でご指摘いただきました。ラル・ミルチが迎えに行っていましたね。
そこで、花ちゃんの感動の会話があって、アジトに戻ってきたんでした。
すいません、すっぽり抜けてました。
ただただ、「え?!!フォローなし?!!」とびっくりしてました。
ご指摘くださったかた、ありがとうございます。
また拍手へのお返事で改めて…


お兄さんが書いたメモってG文字みたいなもの?
「10年で一つ覚えたなというリボーンの言葉は何気に名言かと思いますが、
「メモしてある!」と笑顔全開な姿はお利口さんになった兄、という感じで和みます。
イタリアにはボクシングに行っていたでいいじゃない!
なんで指輪戦といい相撲大会。
今でも、ボクシング続けてるといいなぁ。
私の望みとしては、賭けボクシングでボンゴレに利潤を生むような10年後であってほしい。

私は先週、兄はヴァリアーの隊長なのか!と盛り上がり、
今振り返れば赤っ恥をかいてるわけですが、
まだ…まだ、その繋がりを信じてる!
隊長とはいわないけど、ヴァリアーとの連絡役はお兄さんであってほしい…!
ルッスどうしてるのかなー。ちゃっかり日本についてきてるものだとばかり。

あと謎なのは、なんで黒曜センターに向かったのか。
10年前にいるのは守護者だと雲雀と了平しかいないのがすごいですね。
想像つかない。


・プロジェクトSQ

大石先生って、本当に編集部に愛されてますね。
こういうのの原作やって仕事ももらってるんだなぁ。

繰り返しますけど、3Z近藤さんは心臓に痛い。
恋ってつらい。


・初恋限定。

話の流れが良くわかんなかったんですけど、
最後一着しか着ていなかったというのは、
せっかく楠田が手伝ってくれたのに、出来上がらなかったということ?
手伝い損だったんですか。
楠田が手伝ったの一着しかできなかった…というのならわかるんですけど…
それとも、二着できたんだけど、
表面的には「あんたの触ったのなんて着たくない!」と言ってて、
本当は慧ちゃんの宝物になったというオチ?

疑問符いっぱいなんですが、
すっごいモテて、ちゃらちゃらしてそうなんだけど、実は責任感の強い真面目ちゃんと、
アホで女の子にでれでれしてるくせに、本命にはきつくあたる
この二人のカップリングは今までで一番好ましく思いました。
慧ちゃんがすごくいいなー。
ちょっと矢射子を彷彿とさせますね。
私はツンデレが好きだったのか…!

褐色の子が、いつのまにかトーンありになってます。
要望がきたのでしょうか。


・BLEACH

ノイトラさん、すっごいダサい。


・魔人探偵脳噛ネウロ

うらぎり君の本編でた…!こいつはシュールだ。
どすこいオムスビ君に通じるものがありますね。
笹塚さんが石垣に学ぶところってなんだ。フリーダムさか。


・サムライうさぎ

話の流れが良くわかんなかったんですけどその2。
あれ…先週菅谷の横にいて、清木さん呼びに行った人って、
菅谷の狼藉を止めてもらう為だったんですよね…?
なんでごっちんが怒られてるの。
それとも、呼び行った人とは清木さんはすれ違って、
自ら赴いたということなんでしょうか。
拝領屋敷がひどい有様て、それあんたの門下生がやったことじゃないか。
事情も知らないみたいだし、やっぱりすれ違ってるのかな。


・HUNTER×HUNTER

「なんとなく」という理由を説明するのが冨樫先生好きですよね。

キルアじーちゃんが降りてきた瞬間笑ってしまいました。
何が私面白かったんだろう…
単純にポージングとか、会長と友達とか、そういうレベルでも
面白かったんですけど。
物語が怒涛のごとく動き出して、来週が本当に楽しみ。


・D.Gray-man

話の流れが良くわかんなかったんですけど、その3。
努力とか全然関係ないのね。
今までの展開はなんなんだったんでしょうか。
積み重ねで勝利を勝ち取る、というのを無視してるってことか。


・SKET DANCE

あまりにも超展開過ぎて、チューさんの再登場がふっとんでしまいました。
幼児化って、黒猫とかREBORN!でもありましたけど、
根っから普通の学園ものな助っ人、どうしてしまったんだ!
でもみんなが盛り上がるのはわかるなぁ。
椿君が、真面目ゆえに融通の聞かないキャラでかわいいです。


・ベルモンド Le VisiteuR

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!
じたばたじたばた!!!
可愛い!ベル様めっちゃ可愛い!!!!!
サディステッィクさと無垢という両面を持ち合わせている
ベル様無敵。超無敵。
ココロからベル様にバンザイしたい。

最初から「地下を出る」ということは示唆されていたので、
石岡先生の手のひらで転がされまくってますね。
この可愛さをアピールする為の今までかと思うと、
きー、やってくれる!と本当にバンザイです。

気がかりはまじで掲載順位…
もうアトスでてきちゃうの?!!!!


ご意見ご感想がありましたら、コメント欄・Web拍手をどうぞ!
スポンサーサイト
【2007/10/24 22:03】 2007年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<web拍手のお返事 | BLOG TOP | web拍手のお返事>>
この記事に対するコメント
リボーン
え、了平さん、見せ場カット?
読み始めた時、思わず一話抜けてるのかと思ってしまったのは私だけでしょうか。他にも、骸たちはどうなったのかなぁとか、ヴァリアーの皆さんも日本に来ているのかとか、グロさんはあっさりやられちゃったのかとかetc.…気になることは山積みだったのに。モブ化なんて言わず、活躍を期待して…!…アンケートを書こうと思います。
スクアーロさんたちの登場に押されてしまった感がある気がします。
ひとまず、兄妹の再会は微笑ましい場面ですね。でも、京子ちゃん達まで十年前の姿をしていても特に疑問に思っていないのか…未来では、京子ちゃんやハルはどういう存在位置にいるのでしょう? 疑問はたくさんあるのに、解明していることは少ないリボーン未来編。答えは出るのかなぁとちょっと不安と期待が。
あと個人的にコロネロつながりで、ラルさんとどんなふうに会話を交わすのかなと気になってしまいます。




前々から疑問だったのですが、石垣さんは何で警官になったんだろう。むしろその手先の器用さを活かした職に就いたほうがよかったんじゃないかと思うのですが。


ちびネルが再び登場してくれたのは嬉しいのですが、なかなか決着がつかないのはちょっとキツイです。
【2007/10/25 01:39】 URL | ちょん #- [ 編集 ]
>ちょんさん
お兄さん、私も脳内でクロームを颯爽と助ける姿を
ずっとシュミレーションしていたので、何事もなかったように
アジトに姿を見せたときは、また一つ見せ場がなくなった…と遠い目でした。
ランボとお兄さんは、油断するとすぐモブ化してしまうので
ハラハラしてしまいます。
せっかくなので、かっこいいシーンがたくさん見たいものですね!

私、てっきり兄は京子ちゃんも10年前と入れ替わっていることを
イタリアで知っていたものと思ってました。
そうそう、ラルさんと兄の会話は気になりますね!!
絶対知り合いですもんね。とかいってあっさりスルーされていたらびっくりですが。
骸のことも含めて、伏線いっぱいの未来編なので、先が楽しみです。

石垣さんはコネで入庁したんですよね。
ご家族で警視庁関係の方がいらしゃるのかなぁ。
彼なりの正義感(特撮で鍛えられたのかなんなのかな)が
今回見ることが出来れば嬉しいです。
BLEACHの二転三転具合に私、すでについていけなくなってます。
【2007/10/26 22:28】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/775-229e31d1


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 週刊少年ジャンプ・2007年47号、を読む※10/25訂正 ... 稀有なほど希