稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2007年45号、を読む
しばし更新間隔があいてしまいました。
遅くなりましたがジャンプ感想更新です。
自分の感想あげちゃわないと、他サイトさんの感想が読めなくてつらい…(自分ルールです)


前置き話。

銀魂アニメ、今柳生編なんですね!勲てんこもりじゃないの!
しかも、コメントにいただいたのですが、新しいEDでは
近藤さんの半裸が拝めるだとか。
コメントを目にした瞬間、脳にうまく情報が行き届かないほどの
衝撃を受けました。半裸て。なんだ半裸て。
噂には男性陣が半裸だそうですが、裸といえば近藤さんですよ!
局長の独壇場ですね。そのたくましい姿で世の女性を悩殺しちゃってください~


で、こんな悠長なこと言ってますが、胸中穏やかじゃありませんよ。
見てェ!悟罹羅勲で半裸局長見てェ!!
若勲も登場する柳生編が見てェ!!!

銀魂のDVD、第二シーズンはコンビ投票という形だったのですが、
仮に近藤さんがジャケットに来るのなら柳生編だと思います。
(逆に言えばそこを逃すとない気がする…ミツバ編はあるかわかんないしな)
もし、近藤さんが、DVDジャケットになったとして、それが柳生編ならば
私は買う…!
そして思う存分アニメ感想をアップする…!!!
アニメ感想ブログを巡回しまくる…!!!!!


その日をお星様に祈りつつ、ジャンプ感想どぞ~~~








・家庭教師ヒットマンREBORN!

笹川兄妹スキーの私としてはつらい投票結果でした…
ほんと、お兄さんって登場時に「マフィアにしたい」とリボーンが
言わなかったら守護者になんなかったんじゃないかと思う。

本編、十年後の意味が無くて笑ってしまった。


・ONE PIECE

さぁ気になるエースとルフィの関係について、くまは語ってくれるのでしょうか。

エースとルフィ、本人達は兄弟だと述べているんですが、
名字が違ってるんですよね。
そして、おそらくエースはフーシャ村の出身ではなく、
同じ島の違う町か村の生まれであろうこと。
一般的な兄弟だとは考えにくい。
この二人の関係は長らく謎だったので、今回解明されることを期待します。

くまの来訪は、モリアに新たな七武海の誕生を告げるためでは。
エースを亡き者としたなら、黒ひげティーチはその功績を買われて
保留だった七武海入りが確実?
この流れなら、くまがルフィはエースの弟だと知っていておかしくないですよね。
(エースはティーチにルフィは弟だと述べていましたので)

これで麦わらの一味、既出の七武海とは直接・間接的に関わってきました。
世界を動かす大事件まで、もうすぐなんでしょうか?
うわー、ドキドキする!!!


・アイシールド21

私はマルコが好きで、この人の杉田声を想像するだけで悶えてるんですけど、
白秋を決勝戦に持ってくるって、すごく盛り上がらないなと思いました。
だって誰にも感情移入できないんですもん。
それのとどめが今回でした。
多分この読者を逆なでする言動は、わざと感情移入させないでやろうというプロットなんでしょうけど、
決勝まで来てこれはないよなーと思うのです。
やっぱり、どっちが勝つかわからない、のと同じぐらい
どっちも応援したい、という葛藤があるぐらいの試合がいい。


・エム×ゼロ

空気読めてないC組のメンツにびっくりした。
てっきり皆、九澄と愛花ちゃんを隙あればくっつけてやるーぐらいに
思ってんのとばかり…
1人大人な三国ちゃんが、すごくかっこよくみえました。


・HUNTER×HUNTER

復活おめでとうございます!富樫センセー!というか、ファンの皆さん!!!
私はハンターにそこまでではなかったんですけど、ジャンプ読んでない
単行本派の友人もすっごく嬉しそうで、
富樫先生の罪は重かったんだな…とその人を見て実感いたしました。
みんな、ハンターが大好きだったんだね!
かくいう私も、読んだら読んだでわくわくが止まりません。
早く突入隊側、会長なんかもみたい!


・銀魂

うわー!嫌な話でぞくぞくしました。いいぞいいぞー!
銀さんは家族愛というものに絶対の憧れがあるようなことは、
以前の星海坊主の話でありましたけど、
その片鱗が今回も出てきましたね。こんな銀さん、いい!

別に鬱蔵が女性になっていた、というオチでもいいとは思う。
性転換オチ。
整形オチは前にホストであったので、今回はこれでもいいとは思う。


・BLEACH

通常時のペッシェとドンドチャッカも、今みたいなテンションだったんだろうか。
おっきいネルも、どエムなんだろうか…
在りし日に思いを馳せすぎて、ちっちゃいネルよ帰ってきてと叫びそうになります。
過去おっきいネルがせめて織姫の衣装だったらまたイメージ違ったのかも。
なんかあの服、もこもこしてるんだもん。


・魔人探偵脳噛ネウロ

TSU★KU★SHI!!!!

いやー、オールバックキャラを好きでいて、一番嬉しい瞬間を拝めました。
それは、髪をおろしたそのときなんだぜ…!

メガネキャラはメガネを外した時、
ネクタイキャラはネクタイを外した時にそれぞれ輝くように、
筑紫さんはそのかっちりしたスタイルを崩した時に羽ばたきます。
ブラボー!筑紫さんブラボー!松井先生わかってらっしゃる!

挙句シャワーシーン(音だけ)も見せられたとあっちゃあ、
筑紫、魔人探偵脳噛ネウロのお色気担当と読んでしまいますぞ。

でも筑紫さん、それは笛吹さんへの八つ当たりだ!
このふたりの仲良しぶりは、気恥ずかしいレベルです。


うわーい、等々力さんがレギュラーに昇格!
その一方で石垣…それはそうだろうと思いつつも、彼の今後が
次回に描かれるのだろうかとドキドキ。


・こち亀

じぶんらで照明切っておいてまた協力する不良って一体…


・初恋限定。

ああ、これってマンハッタンラブストーリーみたいなことだったんですね。
なるほど!
しかしどうにかして操おにいちゃんには幸せになってもらいたい。


・サムライうさぎ

表紙の摂津お兄様は、単行本の宣伝にやってきてくれたのでしょうか。
本編とあまりの関係なさに泣けました。

志乃の言う、うさぎの物語というのはどこからやってきたんでしょう。
志乃の創作じゃないみたいだし…摂津母仕込?


・To LOVEる

自分は被害にあわなくても、ザスティンが大変だったらララに怒ったり、
一度はルンちゃんの頼みを断ったりと、どんどん沙姫様がいいこになります。


・プロジェクトSQ

編集浅田さんのウザさがただことじゃない…!


・SKET DANCE

あらすじ、前回からの天丼ですばらしいです。
演劇もモモカちゃんを中心に話をうまくまとめていて、思わず涙…
生徒会長が腹黒くなくてほっと一息です。男前やしね!


・ベルモンド Le VisiteuR

月を見つめるベル様…
思えば初回から、このシーンに向かって話は動いていたのですね。
すごく美しい一ページでした。
ベル様は、すごく儚くてきれいだなーと、時々びっくりします。
大好きなマンガです。



ご意見ご感想がございましたらコメント欄、Web拍手をご利用ください!
スポンサーサイト
【2007/10/10 18:50】 2007年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
このページの先頭へ
<<web拍手のお返事 | BLOG TOP | web拍手のお返事>>
この記事に対するコメント
近藤さんは半裸でなくほぼ全裸では(笑)
彼の場合服はいらないですね。
いっそのこともうモザイク着てくれても
全然有りの方向で。
そんな近藤さんに拍手を(笑)
【2007/10/10 20:50】 URL | STERNE #- [ 編集 ]
エースとルフィの関係の真相はウォーターセブン編最後の方で
ガープが解説してませんでしたっけ…?
私の深読みだったかな。

アイシールドに関しては同感でございます。
ベタでも決勝戦は王城が良かったと思わずにいられない。
素晴らしい実力を持ちながら日の目を見ずに予選で敗退…っていうのも
切なくて、現実的で良いとは思いますが、
アイシールドは現実的なマンガではなく
エンターテイメント性が魅力のマンガだと思ってるので。
決勝で大田原さんと高見さんの無念の慟哭と
嗚咽ならつきこはだだ泣きだったでしょう。
あの時も泣いたけど。

あの見上げる月のシーンに風を感じましたね!!
自分まで初めて外界を見たようにどきどきしました。
ベルモントはひどい裏切りと苦痛にあいながら
なんだか挫けてないと言うか、希望すら感じられて
彼の感性の瑞々しさを感じます。
残虐さを持ちながら純粋無垢と言う風情。
人にスレてないって事なんでしょうかね。

【2007/10/10 21:44】 URL | つきこ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/10/10 21:55】 | # [ 編集 ]
>STERNE さん
ほぼ全裸!ということは八割裸ということでしょうか。
桂の裸とか全然想像つかないんですけど、それに対して
近藤さんのオープンさは一体なんなんでしょうか。
ありがたい話ですね。拝みたいものです。
【2007/10/11 15:04】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
>つきこさん
ガープの説明では二人を友人に預け修行させた、とだけですね。
兄弟だとも何とも言っていないので、今後の展開を待ちたいです。

つくづく、白秋が決勝なことに疑問ですね。
その意図はわかりやすいんですけど、それで面白いかといえばそうじゃないよなー。
せっかくの決勝なのに、単なるクリスマスボウルへの
通過点と化してしまっているのが惜しいです。

ベルモンド、石岡先生はネウロとベル様の差別化を、無垢ということで表現しているんだろうと思います。
それは今のところ成功してるんじゃないのかな。
ふと見せるあどけない表情が、彼の生い立ちの不幸を匂わせて切ないですね。
月を見上げるページは、名シーンでした。
【2007/10/11 15:10】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
>10/10 21:55の方へ
ジャケット、ココを逃すと近藤さんの出番は無い気がして、
で、逆に柳生編だと「近藤&お妙」「近藤&土方」になってしまうんでしょうかね。
確かに近藤さんがらみだとこの二つが一番ありそうなんですが。
これで「お妙さん&九ちゃん」だったら本当に泣きます。
というかそっちの方が確率高いんだろーなー…

土方像に関しては全く同感です。というか、そういう部分が魅力と思ってたんですが、
動乱編でびっくりというかなんというか、微妙な気持ちになってしまいました。
なんかもったいない気がして。
でも、この間の近藤さん甘やかし土方にちょっと和んだので、「近藤&土方」でばっちこい!です。
ちなみに私が投票したのは「近藤&桂」でした~
【2007/10/11 15:16】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
リボーン人気投票。
笹川兄妹、たしかに残念な結果ではありました。
正ヒロインのはずの京子ちゃんが、ひとまず上位5位に入っていたのがよかったというか、でも5位かと残念なような複雑な気持…次回(があったら)に期待したいです!
お兄さん、10年後登場済みだったらもっとちがっていたんじゃと思うのですが。というか、まだ登場してくれないのがじれったいです。
最後の場面、なんでか無性に切なくなってしまいました。どうしてだーと思って、この4人が同じ画面にいるのを見るのが初めてということに気付き、これが実物だったらもっとよかったなぁと思いました。

石垣さんは自業自得のような…でも消えるには惜しいキャラだと思うので、今後が気になります。
【2007/10/12 02:01】 URL | ちょん #- [ 編集 ]
>ちょんさん
お返事が遅くなってしまいすいません!

笹川兄妹にかんしては、REBORN!のメインファン層とずれているのかな?と思いつつ、
ちょんさんも残念に思っておられたのなら、すごく嬉しいと感じました。
だって、笹川兄妹推しな方、少ないんですもん…
まさか10年後お兄さんが一番最後とは思いませんでしたが、
ここまでひっぱったんだからさぞ・・・!
と、思いましたが以前ランチアさんの出番はめちゃめちゃ短かったですね。
黒曜ズは、REBORN!の切なさ担当かと思います。
髑髏ちゃんの健気さが泣けますね…

石垣、確かに私が上司でも外すなぁ…
でも、彼の笹塚大好きっぷりは微笑ましかったので、
きっと復帰大作戦があるはず…と信じたい…!
【2007/10/14 17:01】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/764-7065a5fe


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 週刊少年ジャンプ・2007年45号、を読む ... 稀有なほど希