稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
天平冥所図会、を読む
天平冥所図会 天平冥所図会
山之口 洋 (2007/07)
文芸春秋

この商品の詳細を見る



久し振りにマンガや勉強に関する以外の小説を読みました。
読書って楽しいものなんだよね!もう、最近疲れてます。

こんな風に言っていますが私のマイブームは奈良時代。
専攻といっさい関係ないのですが、
大学選ぶときに史学か文学かで悩んだ私は、
元々日本史好きです。
実家の奈良に帰ったときに色々お寺回って、来ましたよ奈良時代ブームが!
で、奈良時代を舞台にしたできるだけ軽い小説
(奈良時代物は結構陰惨のものが多い気がします…)は無いものかと
書店をうろうろして発見。
それがこの本です。


奈良の都は平城京を舞台に、中間管理職役人の葛木連戸主と
その妻・女儒の和気広虫という共働き夫婦が、宮廷にはびこる権力悪と、
街を跋扈する魑魅魍魎を相手に自らの使命を果たす為に立ち向かう
ポップなファンタジー。

葛木連戸主・和気広虫とわかるように実在の人物・出来事が
沢山出てきて、聖武天皇崩御後辺りの政治史がよくわかります。
古代史好きにも楽しいし、古代史が苦手ーという方は
覚えるチャンスというぐらいスラスラ人の名前が入ってきますよ。

例えば

吉備真備
藤原仲麻呂
孝謙天皇
弓削道鏡

読み終わった直後の私は、この人たちの人物相関が説明できます。
それだけ物語が生き生きしてるんだろうなぁ。
また、戸主と広虫夫婦がいいんだ!


私のオススメは第二話「正倉院」です。

聖武天皇崩御後、遺品の数々を東大寺に献納することになった。
その裏で行なわれる熾烈な政治的駆け引き…
献納の為の目録作成リーダーに命じられた戸主は
自然その政治闘争に巻き込まれていく。


amazonのレビューに書かれていたのですが、これは天平時代の
「プロジェクトX」なんですよ!
さまざまな思惑や妨害があろうとも、戸主とその部下達はひたむきに
聖武天皇の妻・光明皇后のため献納を全うするその姿!
そしてそれを支える広虫!
一気に読んでしまいます。


後半でまさか戸主が○○になって、広虫に○○してしまうとは…
最後に涙が頬をつたいました。
あの終わり方じゃあ続編はないなぁ…すっごい寂しい・・・
私が個人的に好きなのは広虫の人の良い弟・和気清麻呂なんで、
彼を主人公にして是非続編をお願いしたいです!
スポンサーサイト

【2007/09/17 16:01】 マンガ以外の書籍感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
<<ホレゆけ!スタア★大作戦。に山本耕史、のこと | BLOG TOP | 週刊少年ジャンプ・2007年42号、を読む>>
この記事に対するコメント
和気清麻呂さんは御近所で奉られておられます。
今年は亥年だったのであの小さい神社が長蛇の列でした。
コレを読めばあのお神社の由来なんかも絡んでくるのでしょうか。
奈良時代は山岸涼子の「日出処の天子」を読んだ時に
かなり詳しくなりましたがもうだいぶ忘れました……。
マレさんの感想でまたあの時代を読みたくなりました。
【2007/09/17 23:50】 URL | つきこ #- [ 編集 ]
遅くなりましたがお誕生日おめでとうございます。
一応の怒涛の更新は拝見させていただいてましたが
コメントをどこで入れようか迷っているうちに
出遅れてしまいました(笑)
近藤さん愛をヒシヒシと感じさせていただきました。

奈良時代は学生時代苦手だったのですが
年をとってから興味がでてきました。
この本も楽しそうなので試してみようかなー。
【2007/09/18 10:44】 URL | STERNE #- [ 編集 ]
>つきこさん
私も京都市内にある護王神社に今年お参りに行きました。
…年女なんです…。(ぼそ)
はい、和気清麻呂=イノシシというエピソードはちょこっと登場しますよ。
宇佐八幡神託事件がそのまま第四章の題材なので、
和気清麻呂の出番は多いです。

日出処の天子、私も小学生の頃大ハマりして、自分の原点になってます。
処天は大和時代が舞台なので、奈良時代よりも遡るのですが、
大和・飛鳥時代も大好きです。
聖徳太子関連のお寺周りまくったなぁ…
【2007/09/18 23:19】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
>STERNE さん
お祝いのお言葉、ありがとうございます!
あの狂乱の日々をご覧になっておられたかと思うとものすごく恥ずかしいです・・・
書いている本人は最高楽しんでたんですけども。
あれ以降、近藤さんへの愛が止まることを知らず、
原作読み返してはジタバタしています。

奈良時代は陰惨な割りに地味なので、勉強しにくいですよね。
私は鎌倉・室町時代が苦手でした。
もし、興味をもたれたのなら是非読んでみてください。
オススメです!
【2007/09/18 23:25】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/743-4df10929


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 天平冥所図会、を読む ... 稀有なほど希