稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
さようなら女達、を読む
さようなら女達 さようなら女達
大島 弓子 (1996/03)
白泉社
この商品の詳細を見る



氷室冴子が関心を持った領域を探しています。
と、いうわけで今読んでいるのは大島弓子。
氷室さんは少女マンガからとても影響を受けている作家なのですが、
大島弓子ファンであるそうです。
そう言われれば読まなくてはいけない作家研究。
大島弓子さん以外にもたくさん名前を挙げておられます。

私は大島弓子といえば綿の国星、というぐらいが既読のだめっこなんですが、
他にも色々読み進めて、なんだかむしょーにツボに入ったのが
「さようなら女達」でした。

主人公・館林毬はマンガ家になることを夢見る少女。
死ぬ物狂いでかきあげた作品の最後のページを、
封筒に入れないまま編集部に送りつけてしまう。
毬は、応募コンテストで一位にならなくては夢を諦めろと
父親から告げられていたのだった。


このような導入から始まるのですが、話は二転三転ころがり、
そしてまた元に戻ってきます。
毬は確かに成長して。

私は、最後のページを読んだ友人の茗が毬に放つ
「人間へのボウトクだわ!!」というセリフにずきりとしました。
その理由は後に毬にも読者にも納得のものだったのですが、
真相がわかる前から、この茗の表情とセリフにぐさっとくるのです。
このセリフによって毬の夢が少しずつ終り始めたんだなぁと思うと、
後から考えてみても深い。

教師への恋や実はいた許婚の存在なんかもあるのですが、
やっぱりこの作品は母親、友人の茗、マンガ家隅田さんのほうが印象に残りますね。
「さようなら女達」
このタイトルの意味するところを、もっと知りたいです。
スポンサーサイト

【2007/07/01 21:57】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<ジャンプスクエア新創刊、のこと | BLOG TOP | オーロラ・ウオッチング―オーロラに会いにいこう、を読む>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/643-0deab5d3


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 さようなら女達、を読む ... 稀有なほど希