稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2007年28号、を読む
も、もう28号!
今年も折り返し地点なんですね。
早い、時間が経つのが早すぎる。
この感想を書いていると特にそう思います。

では今週もどうぞ~



若干銀魂に関して毒はいてますのご注意!

※拍手でのご指摘により、キャラ名の誤字を訂正いたしました。
笹川京子ちゃんを笹塚って書いてた…
別でまたお礼申し上げますが、ご指摘くださった方ありがとうございます!





・BLEACH


カラー表紙に戦ってきた破面の皆さん。
ものすごいイロモノ具合で、これを乗り越えたって言ってもなぁ・・・

織姫が治したくないというのにびっくりです。
いや、意味はわかるんですよ?
一護をまた傷つける為に、グリムジョーに加担したくない
ってことなんでしょうけども、
それでも瀕死なんだから治してやれよ。
織姫の中で一護<グリムジョーという力関係が覆されてないんでしょうね。


・ONE PIECE

ブルックさんにかんぱーい!!!

私は以前の感想で、フランキーの質問は
「仲間との約束はなんだ」なんて直球じゃあるまいと
書いてたんですけど、なんのことはなく直球でした。
いや、その直球のお陰で、今、私は幸せです。

ラブーンとクロッカスさんが大好きだったもので、
いつかラブーンの仲間のいた痕跡でもあれば…と思っていたので、
仲間その人が出てくるとは、しかもそれがブルックさんとは
思いもしませんでした。
すっごく嬉しい。

あわてて双子岬が舞台の単行本12巻を確認したんですが、
クロッカスさんの回想に、ラブーンの仲間達を発見。
西の海からきたとのことです。

で、じーっとコマを見ていると、
ヴァイオリンを持った音楽家発見…!!!
(P90,2コマ目)
頭は黒髪でモサモサしてますけども、
こ。この人ブルックさんなんだろうか!!!!!!!

難点は、当時からブルックさんはスーツ&ハット姿なのに対し、
疑惑の人はかなりラフな格好で帽子も無いんですよね。
今週のブルックさんの回想のなかの仲間達も
ヴァイオリン、シンバルといった楽器を持っているので、
ヴァイオリン弾きはブルックさんに限らないのかもしれません。

ちなみに、この回想に出てきた仲間は、クロッカスさんの回想にも
ちらっとその姿が。


で、一番ぴたっときたのは、ブルックさんが乗って来た
ゴーストシップの海賊旗と、
ラブーンの仲間の海賊旗がおんなじものであったということ…!
これには背筋がぞーっと…じゃないですが、
鳥肌たちました。
船の形は違うので、グランドラインに入って乗り換えたんですね。

気になるのは、クロッカスさんが「確かな情報」として、
ラブーンの仲間は逃げたんだと言っていたこと。
この情報は誤りだったわけですが、この確かな情報と言う根拠ってなんなんでしょう?
何かに繋がる…なんてことは、ないかー。


ブルックさんを仲間にいれるという、全員の意思決定!
ゾロのおっとこ前ぶりよりも、サンジの「そんなわかりきった事より!!」
無性に感動。
サンジは熱いです。
次号作者休載とは憎いです~~~~


・アイシールド21

モン太が、草キャッチで時間を巻き戻したように、
雪光にも時間を巻き戻す、そんな秘策があるのでしょうか。


・家庭教師ヒットマンREBORN!

γさんにアホの子性質を見てます。
この人は…ツボかもしれない…
アイシルのマルコに通じる、アホの子が期待できます。

天野先生のとってつけたエロ批判なんですけど、
エロ、というよりも謎のサービスなんでしょうね。
今回のハルのブラジャーについてなんですが、
なんというか…生活感みたいなものを描く上で、
そっと洗濯された下着があるというのはいいんですよ。
サバイバル状態だから、男の子の目から隠す為になんだなぁとか
微笑ましく思えそうなんですが、
これ、絶対とってつけたように「折角だから描いておくか」てな
もんですよね。
そういうのがどうなんだろうと思います。
これ…男の人嬉しい?
ハルがノーパンかどうかわかって嬉しい?

さて、京子ちゃんが当然ながらパニック状態です。
そんな彼女を心配しつつも、回想シーンのお兄さんが素敵で…!
兄かっこいいよ兄。
ここ最近おみかけしていないもので、兄の微笑が
私の心にクリティカルヒット…ッ
早く10年後兄も登場して、京子ちゃんを安心させてね!
何気に初めて笹川父がちょこっと登場して、
笹川家が気になるところです。


・サムライうさぎ

良成殿がビジュアル的に好きなんですが、ちょっと腹黒なところが
見え隠れしていてどきっとします。
お兄さんが「オレにおハチが回ってくンのは避けてェしな」と
考えていますけど、これ、どういうことですか?
お兄さんは人数上絶対対戦しなきゃいけないものかと思ってたんですが、
回ってこないということもあるの?

アベサダのやっていることがちっちゃくてかわいいんですが、
誰も卑怯だと罵らない辺りが、まったりマンガの醍醐味ですね。


・P2!

ジャンプ読み返して思ったんですが、蒔絵先生と岩熊先輩の
カップリング…とまでは言わなくても、コンビは
ハンパなくいいですね。
岩熊先輩に翻弄されている蒔絵先生にほんわか。
相馬さんといい蒔絵先生といい、みんな岩熊先輩に負い目を感じてるんだぜ。
岩熊がらみはなんでもすきですけど、いいコンビを発掘してしまった。


・こちら葛飾区亀有公園前派出所

バイクに乗る本田さんの話が好きです。


・To LOVEる

やっぱり沙姫さまの学校の女王たるテッパンぶりを拝見すると、
ユイちゃんはまだまだ小さいですね。


・瞳のカトブレパス

ああ、やっぱりミーコが大食漢キャラになってる!
弥子に被ってる!
相変わらず隣に住んでいる意味というものが見出せないマンガです。
ミーコは妖魔を引き寄せる体質…とかなのかな。
で、御隣さんとして志村家にこっそりと付き従ってきたのだろうか。


・銀魂

…終った…


本当に毎週がテンションアップダウンが激しくって、
なかなか大変な真選組動乱編でした。
今のテンションは、うーん、終ってみて下がり気味なのかな。


これはあくまで近藤勲ファンとしての意見なんですけども、
(つまりまったく客観的ではない意見)
私の思う近藤勲と、
空知先生の中での近藤勲というキャラクターにあまり齟齬はないんです。
近藤さんというのはこうあるべき、こういうときにこんな行動をする
とことには「うんうん」と納得するし、「そういきたかー」と
イイ意味での裏切りに狂喜乱舞しています。
だから、近藤さんが単体で活躍する時にはそうでもないんですが、
この動乱編では釈然としないことが多かったです。

おそらく、土方がそれを阻んでいる気がする。

※ここから先、土方批判になりますが、キャラ批判ではありません。
空知先生の中の土方理想論への反発です。


私は先週も含め以前から
「死ぬキャラが他のキャラを持ち上げる為だけに登場するのに納得がいかない」
と言っていましたが、ここでは伊東とミツバのことを取り上げます。
この二人、明らかに土方を持ち上げる為だけに登場して、
死んでいきましたよね。
サブキャラは確かに誰かを活かす為に登場する…という側面も
あるとは思うのですが、掘り下げ上手な空知先生にしては
ミツバ・伊東ともに違和感のあるキャラクターです。
唐突に現れて、そして死んでしまった。

この、土方中心主義みたいなものが、近藤さんにもからんでくると、
近藤勲像にブレが生じるんですよ。
近藤さんが単体の時に感じるアイデンティティが、
土方を持ち上げる為のものにすり替わる、そんな気がしてなりません。

一番の疑問が、組織の中の近藤さんってなんなんだということ。
私は今回、近藤さんに何かしらの責任を負わせるべきだと
先週感想に書きましたが、
今週で動乱編がシメだとすればそれはスルーのようですね。
で、代わりに土方の謹慎が延期された…と。
なんか遠い目をしてしまった。
このままだと、近藤さんの局長としての立場が本当にないんですが。
完全に、土方が憧憬しているからトップにいるからなだけの、
御飾りになっちゃってる。

柳生編ラストとか、一日局長だと、ちゃんとトップとしての顔が窺われるのに、
ミツバ編、動乱編になると近藤さんが沖田と土方には慕われるんだけど
局長としてはどうなのーみたいになる・・・
このズレは、空知先生の土方がからむと、周りに彼を持ち上げさせなくては
気がすまないという一種のルールによって生まれるんでしょうね。
疲れます。

と、いうわけで最後のシメは近藤さんの

>トシ おめーは俺を真選組の魂なんて言ったがよ

>真選組(こいつら)にとっちゃおめーも
かけがえのない魂なんだよ

>よく帰ってきてくれたな


で、近藤勲全セリフ解説もいったん終わりとします。
このセリフ、うちこむのもちょっと辛かった…


勿論私も近藤さん中心に銀魂を読んでいるためにこういう感想が生まれるだけで、
もっとニュートラルな読み手さんは違うご意見をお持ちかと思います。
是非、ご意見お聞かせください!


そして、山崎復活おめでとー!


・魔人探偵脳噛ネウロ

蛭が依ちゃんに化けているだけかと思っていたら、
彼そのものだったんですね。
で、あの怪しいおまわりさんが消えたんだにゃ。


まさかの竹田復活!
正直、銀魂の山崎よりもびっくりしました。
性格には竹田じゃないんですが、まさかサイが化けるとは。
弥子のトラウマは被害者家族としては当然で、
だけでもこの展開に驚きです。
つくづく吾代さんが帰られたのが悔やまれる…


・バレーボール使い郷田豪

ネコちゃんブラボー!
モデルもモテ子は、暴漢対策もばっちりです。
この子は豪に関してはメロメロで、バカっぽいですけど、
ネオに対しての忠告なんかを見ると、しっかりしたいい子ですよね。
面白くなってきたぞー!


ご意見ご感想はコメント欄のほかWeb拍手もご利用ください~


スポンサーサイト
【2007/06/12 23:39】 2007年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<web拍手のお返事 | BLOG TOP | 今週のジャンプ一言感想>>
この記事に対するコメント
ワンピース:
お嫁にくるときにワンピースは実家に置いてきたので双子岬の話が読み返せなかったんです。レポート嬉しかったです。ありがとうございました。
サンジはコミックの登場人物紹介に『心優しい料理人』って書かれてますが、態度も言葉も乱暴でちょっとその形容は一見当てはまらないかのようです。
でもどんな時もホントの意味で優しくて強くて熱いんですよね。
いいなぁ。


さむうさ:
ごっちんたちには都合悪くても、大名家の嫡男を連れ戻そうとするのは当然で、良成殿はなーんにも悪くないんです。
態度が柔和なのに何を言っても腹黒く感じる彼ってなんなんでしょうか。
むしろもっと怒ったり焦れたりしてもいいくらい。
あ、だから腹黒く見えるのかも。
サンジと真逆ですね。

カトブレパス:
おとなりさんなのは晩ご飯をたかりやすいという利点だけはありそうですね。
主人公の『有能なのに無気力』キャラもどっかで見たような。
このままでは『斬』とか『ツギハギ』並みに色んなマンガの特徴を意味無く(私にはそう感じました)パクッてつなげたマンガになってしまいそう。
無気力ならその理由に魅力がなかったら、ただの傲慢に見えちゃいます

あと銀魂は長くなりそうなんでメールします~
【2007/06/13 13:53】 URL | ツキコ #- [ 編集 ]
>ツキコさん
ツキコさんの感想、毎度のことながら面白くて、
うふふと拝見させていただいています。

>ONE PIECE
「心優しい料理人」という言葉ほど、
「いや、確かにそうなんだけど、背中がむずがゆくなるなこのフレーズ!」
というものはありませんよね。
本気でその通りだとは思うんですが!
彼はナミを助けに行くことこそ至上の目的であり、
ブルックさんを仲間にすることなんて当然という
あのセリフは、ちょっとないほど心に残っています。

>サムうさ
良成殿の行動が辻褄があいすぎて、しかも穏便過ぎて
逆に疑ってしまいますね。
強烈腹黒の松山殿のイメージがまだあるからかな?
マロとの兄弟愛みたいなのはもっと読みたいです。

>瞳のカトブレパス
有能なのに無気力って、それだけで銀さんとかぶってますね。
どうなるんだこのマンガ!

わ~メールお待ちしています!
他の方の今回の銀魂への意見を知りたい。
どうぞよろしくお願いします!
【2007/06/15 00:55】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/622-841addec


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 週刊少年ジャンプ・2007年28号、を読む ... 稀有なほど希