稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
手塚治虫記念館、に行く
手塚治虫記念館


今日はちょっと遠出をして、兵庫県宝塚市にある
「宝塚市立手塚治虫記念館」に行ってきました。
7月10日まで開催されている         
「タカラヅカ、永遠の輪舞曲(ロンド)展 ~リボンの騎士へ、ベルサイユのばらへ~」
を見るためです。
原画が、原画があるんだぜ。

かねてから申していますとおり私の研究分野は
女の子向けの文化ってなんなんだ、つーことです。
なので、少女マンガの幕開けである『リボンの騎士』と、
一つのエポックメイキングであった『ベルばら』には
とっても関心があり、勿論マンガとしても大好きなので
うきうきで宝塚まで。
いやぁ、楽しんできました。
やっぱり私は手塚作品ではダントツで『リボンの騎士』だな。
アトムビジョンでは、期間中『リボンの騎士パイロットフィルム』が
上映されてきて、しっかり堪能してきました。


手塚治虫記念館は小っちゃい時に一度行ったんですが、
思ったよりも小さくて。
そのくせ中身が濃くて、滞在時間2時間じゃとうていまわりきれませんでした。
色々遊びたい、楽しみたい。
これは是非また訪問したいです。
スポンサーサイト

【2007/05/26 23:05】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<君に届け4巻、を読む | BLOG TOP | 近藤さんのちびボイス、のこと>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/606-ad35881d


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 手塚治虫記念館、に行く ... 稀有なほど希