稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2007年25号、を読む
遅くなってすいません。
五月の更新が滞っているのは、ちょっと忙しい日々を送っているからでして…
なのに頭の中は今週の近藤さんのことでいっぱいです。

忙しい⇒現実逃避に今週の近藤さんを思い返して悦に入る
⇒作業が遅くなる⇒忙しい

これぞ近藤スパイラル…ッ!!!!

ジャンプをめくって、太臓とメゾペンがないのが辛いです。
正直、本誌の魅力がぐっと減りました。
すっごく好きだったんだなぁ…

では、今週も感想どうぞ!






・瞳のカトブレパス

もて王から作られたジョジョ枠は、田中靖規先生に譲られた、というような話でした。
私は京都在住なんですが、まさか京都を舞台にした話がジャンプに掲載されるとは!
京都市営地下鉄が登場したときにはびっくりしました。
駅名はもじってるんですけど見知ったもので嬉しいな。
関東在住の人は、東京が舞台の話をこんな気分で読んでいるのだろうか。


・ONE PIECE

ブルックさんにも夢がある…
フランキーの質問内容とその答えが気になりますが、
仲間との約束はなんなんだ、という直接的な問いかけではないんでしょうね。
うーん、なんなんだろう。
他の海賊団に所属していた人が麦わらの一味に入るのは
ウソップかロビンか。
この二人はごっこ遊びと、見せ掛けの居場所でしかなかったので、
死んだ仲間の意思を受け継ぐというブルックさんは、
仲間になるキャラクターとしてやっぱり新しいです。
どうか一味に入りますように~


・アイシールド21

ムサシがキックじゃ追いつかねェとあせる姿についつい注目。
自分の役割と言うものを自覚している人こそ、
その役割では意味がない場面が切ないです。
ムサシ、一コマしかいないのになんか泣きそうになりました。
背景にあるものを読み取りすぎました。


・NARUTO

サスケに知り合いが多い、ということがちょっと面白い。


・家庭教師ヒットマンREBORN!

マフィアのことは伝えてないのに、ここが未来であることを信じられる
京子ちゃんとハルに驚きです。
天然とはこういうことなのか…?!!


・BLEACH

ペッシェのあの感じはハマーに通じますね。


・ぼくとわたしの勇者学

やっぱりどう読んでもバレーボール使いとかぶります。
連載開始時期が近いものを並べてどーするんだろうか。


・サムライうさぎ

で、借りた100両はどうやって返すのだろう。
お兄さんはどうなったのだろう。


・P2!

いろんなレベルの「温度差」が部員にあるのがしんどいです。
「温度差」があるという話は一回で片付けて欲しいな。

岩熊先輩は卓球やめても、卓球部員ではあるんだよね?
今なにしてるんだろう…


・エム×ゼロ

愛花ちゃんに花を持たせよう、という考え方が今までの少年マンガに
ちょっとなかったような気がしてます。
魔法の世界に男女という区別があまりないのかも。


・銀魂

何はともあれ今週の銀魂は近藤さんです。
これは誰にも文句を言わせませんよ。
近藤さん、ああ近藤さん。
読んで瞬間から頭の中を近藤さんで埋め尽くされました。

鴨についても色々思うんですが、
大河ドラマの芹沢鴨を2chでは「かわいそうなかも」と呼んでいて、
どうにも銀魂鴨も「かわいそうなかも」と呼ばずにはいられない。
皆でそう呼べばいいと思う。
「かわいそうなかも」。


で、そのかいそうなかもを救ったのが近藤さんなのでした。
(ここぞとばかりに)
近藤さんがいいところを掻っ攫う、ということが今まで皆無だったので、
心はリオのカーニバルです。踊りまくってます。
そんな訳でセリフは少ないんですが、近藤勲全セリフ解説を、
今週も精魂込めてやっていきますよ!



>この手を…握ってくれ

>こ・・・近藤!?

>な…何をしている
>君は・・・・・・今・・・何をしているのか…わかっているのか

>僕は…君を殺そうとした裏切り者


>謀反を起こされるは大将の罪だ


落ちた伊東の手をとったのは近藤さんでした。

近藤さんは、謀反自体が自分の罪なので、
反乱軍に刃を向けなかったんですね。
戦って欲しい、そうずっと願っていましたけど、
近藤さんの刀は仲間に向けちゃダメなんだな。
近藤さんへの理解がまったく足りていませんでした。
胸が詰まります。近藤さんが好きです。

ここ、
伊東→←近藤←沖田←新八←神楽
と連結しているのが面白いですね。
4人の男性の重さを耐える神楽が凄い。
近藤の上の言葉を、沖田はどんな気持ちで聞いてるんでしょうか。


>無能な大将につけば兵は命を失う
これを斬るは罪じゃねェ
>すまねェ…俺ァアンタの上に立つには足らねェ大将だった


ここの近藤さんの表情がすっごく良くて、
最近荒れ気味だった作画も今回は丁寧だったから二重に嬉しいです。
合併号効果なんだろうか。
ジャンプが読めなくて悲しいけれど、こんなに作画がアップするなら
空知先生にたびたび休んで欲しいよ。
これは理知的で、大人で、包容力を感じさせる素敵な表情です。
いつもならMFI(マイフェイバリットイサオ)なんですけども、
近藤さんの素敵さはまだまだ出てくるので。
なんて贅沢な今回。


>元々ガラじゃねーんだよ大将なんて俺ァ
>アンタの方がよっぽど大将に向いてらァ
>俺は隊士が死んでいくのを黙って見てるなんざできねェよ
死兵なんて割り切ることはできねェやっぱり


近藤さんが局長としてそれなりに
苦悩を抱いている…ということを伺える場面です。
土方なんかは、この苦悩を知ってるんだろーな、きっと。
それでもあんたが大将でないと困るとかいうんだよ。
俺はあんたに賭けたんだ、だよ。
(度々大河ネタが登場してすいません。もう病気レベルです。)

ところで鴨が仰向けから徐々にうつぶせになっているのが面白い。
腕一本失くしてるのにすごいな。
確かに二人が顔を合わせているから盛り上がる場面なんですが、
アニメとかこれをどうやって表現するんだ。


>先生俺ァ…
>兵隊なんかじゃねェ ただ肩をつき合わせて
酒をくみかわす友達として
アンタにいてほしかったんだ

>まだまだアンタにたくさん
>色んなこと教えてほしかったんだ先生……





(今、パソコンの前で何かを打とうとしてるんですけど、
まったく言葉が浮かばなくて、どうしたらいいのかわかりません。)

涙が出てきました。
胸がつまって、なんかどうしたらいいのかわからない。

今週のMFIを、この近藤さんに捧げます。


いままでの話で、近藤さんは伊東の裏切りを知っていたのか、
知らなかったのか…と考えていたんですが、
今回私の中で一つの結論が出ました。

伊東の黒い部分は知っていたんだけど、
それでも仲間として付き合っていきたいと考えていた。
その上で伊東が裏切るのならばそれは自分が選んだ結果であり、
仕方のないこと。信用を得れなかった自分が悪い。
伊東の裏切りは悲しいし、伊東のことをバカだなぁとも思う。
だけども、それを超えて友情を結びたかったと言う気持ちに今も変わりない。


あ、なんかポエムになった。
でもこういうことなんじゃないかなぁ。
本気で裏切らないと思っていたわけじゃないと思うんです。
ただ、いつかは本当の信頼関係が結べると信じていただけで。


セリフはここで終わりなんですが、
見逃してはいけないのが最後のコマですよね。

伊東に肩を組んで杯を掲げる近藤さん。
困惑する伊東。
タバコを吸う土方。(もう土方は酒に弱い設定と言うことでいいんですよね)
鬼嫁に頬ずりする沖田。ええ顔だわ、こりゃ。



伊東には理解者が二人いて、それは高杉と土方でした。
自分は周りに理解されないことに不満を持っている、と感じていた
伊東は、理解者にこそ心を開いたような態度でした。
でも本心は、理解ではなくて、それを超えて信頼できる、
信頼してくれる友人がほしかったんですね。
そしてそれは近藤さんだった、と。

伊東は生きるか?死ぬか?
個人的な願望で言えばしれっと真選組にいて欲しい。
処断を受けるだろうし、死んだ反乱軍はどうなるんだとも思います。
山崎立場ねぇとも思います。
それでも、心から近藤さんを大将と認めて、彼に尽くす伊東が見たいのです。


・ラルΩグラド

ガネットが「ミオ先生」とか言ってるのが面白すぎます。


・魔人探偵脳噛ネウロ

アイとXの過去話!
ライト兄弟にさらっと月!
ネクタイのない制服弥子はなんだかエロイ!
(これ、単純にミスなんでしょうけど、修正もったいないな)


・バレーボール使い郷田豪

実は後ろ向きで投げてた、とか跳ね返ったボールがリングに入るとか、
一話にドキドキがいっぱいでたのしいです。
豪が外したのはなんか理由があるんだろうな~


ご意見ご感想がございましたら、コメント欄のほか
Web拍手もご利用ください!


スポンサーサイト
【2007/05/23 17:00】 2007年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<web拍手のお返事 | BLOG TOP | 今週のジャンプ一言感想>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/601-0d2ded94


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 週刊少年ジャンプ・2007年25号、を読む ... 稀有なほど希