稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
おひっこし?、を読む
おひっこし? おひっこし?
山田 ユギ (2007/04/27)
白泉社

この商品の詳細を見る


うぉー!マンガ大量購入中です。
4月後半から5月にかけて好きなマンガがいっぱいで大変。
しばらくマンガ感想が続く予定です。

山田ユギさんの「おひっこし?」はメロディ連載中から
コミックスを楽しみにしていまして、
うきうきで発売日に本屋に行ったらどこも完売。
もともと入荷数が少ないってのがあるでしょうが、
久し振りに新刊難民になりましたよ…
何件回っただろう…?5件?
見つかった時はなんか逆にぐったりしてしまった。
(ちなみにこのあと挙げる数冊も新刊難民になってました、私)

イケメン&変わり者ぞろいの不動産屋が舞台で、
ボス、セクシー、スマイリー、メガネ、そしてアルバイトのチャーミーが
それぞれ主人公であり、話は展開していきます。
基本的にハートフルコメディ…なのかな?
ほんわかしてます。

私はボスとその奥さんの話をメロディで読んでしこたま感動してしまい、
それまでの話が読みたいとわくわくだったんですが、
メガネはチャーミーにお熱だったのね!
吃驚してしまいましたが、チャーミーはとても無愛想でかわいいので、
メガネが振り回される姿にときめきます。
このマンガ、基本的に女性が男性を振り回す話です。

作者の山田ユギさんはBL作家さんなんですが、
私はBL作家さんの一般向けマンガが凄く好きです。
よしながふみさん、雁須磨子さん、松山花子さん…

BL詳しくないんでエラそうなこといえないんですが、
どの方もジェンダーに対する意識がすごく高いように思えます。
それが一般向けの作品になったときに顕著に出てます。

元々描(書)き手さんというのは何か心にひっかかるものがあって
それを創作意欲に変えていると私は考えてるんですが、
BL作家さんたちは自分の性について
一度は向き合ったことがあるんじゃないかな。
だから、一般向き作品の時に、「一般向けに書くとはどういうことか」を
練られた結果、ジェンダー意識が強くなるんじゃないでしょうか。
その最たるものが「大奥」かと思います。

おひっこし?はジェンダー的に見ていくと、男性中心作品ではあります。
ただ、女性は芯が強く、媚びず、その姿が美しい。

これ、完結してませんよね?続きがメロディに載ってるってことは
続刊が出るんですよね????
楽しみにしているのでよろしくです。
スポンサーサイト

【2007/05/08 22:55】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<ケロロ軍曹14巻、を読む | BLOG TOP | カテゴリー追加のお知らせ>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/588-349dc9d4


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 おひっこし?、を読む ... 稀有なほど希