稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
絶対可憐チルドレン8巻、を読む
絶対可憐チルドレン 8 (8) 絶対可憐チルドレン 8 (8)
椎名 高志 (2007/02/16)
小学館

この商品の詳細を見る


7巻の感想をかいたので、8巻も。
最新刊をすぐに買っているわけではないので、
感想を書くタイミングをいつも逃しています。

今巻は7巻と違い、シリアス展開大目で展開されておりますゆえに、
「逃亡者」シリーズは読んでて辛かったです。
ひょ、兵部ってなんかずるい。
美味しいところもっていきすぎじゃあないのか。
(含む全裸パジャマ)

それでも、世界を敵に回しても自分に言ってほしいこと…を
簡単に言ってしまわないところに皆本のよさを感じる
薫に拍手を送りたいです。
本当にそうだよなぁ。
都合のいいことばかり言うのがいいオトナではない。

ところで、未来のチルドレンには二つ名が存在してますけど、

薫=破壊の女王(クイーン・オブ・カタストロフィー)
葵=光速の女神(ライトスピード・ゴッドネス)

ときまして、

紫穂=禁断の女帝(アンタッチャブル・エンプレス)

というのが腹抱えて面白いです。
じょてい!
女帝という響きが悪女ぶりを発揮しているなぁ。
前二人が可愛く思えますよ。




1巻から3巻の感想
4巻の感想
5巻の感想
7巻の感想

…6巻だけ感想が抜けてる…
ちゃんと買ってるんで、今度入れます…
スポンサーサイト

【2007/04/03 00:01】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<週刊少年ジャンプ・2007年18号、を読む | BLOG TOP | あぁ愛しの番長さま1巻、を読む>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/548-30942942


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 絶対可憐チルドレン8巻、を読む ... 稀有なほど希