稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
劇場版ワンピース『エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』、を観る
先週水曜日、毎年恒例ONE PIECEの映画を見に行ってまいりました。
今年のタイトルは、劇場版ワンピース『エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』。
今更ですが去年に引き続き感想です~。





なにもかもが懐かしい…そんな気持ちでいっぱいにさせてくれる
アラバスタ編でした。
ゾロの衣装とか、あの頃燃え滾ったきもちが今、もう一度。

基本的に知っているお話なんで、
私が好きなシーンがどうやって組み込まれているかが
今年の勝負どころだったわけですが(私の中で)、
それがことごとく外されていて、正直、驚愕。
外されているも何も、スモーカー大佐が出てこないという時点で
私にとってのアラバスタの魅力はゾロの衣装でしかないことが決定です。
スモーカー大佐がいないということはたしぎもいないんだよー。
海軍そのものがどこにいったんだ、になってる。

で、つまるところバナナワニのエピソードも削られているわけで、
Mr.プリンスもないわけです。
私はあそこのスモーカーさんが、水につからないようさりげなく
足を上げている様子や、
ゾロに救出されている様子がどうしようもなく好きなんですが、
(↑このときのスモーカーさんの厚みに惚れたといっても過言ではない)
引いてはルフィを逃がして、「嫌いじゃないな」
といわれる名シーンまでもが失われた、という。
遠い目ですよ。
そして、自分はどんだけ海軍好きなんだ、といなくなって分かる喪失感。
私は組織が大好きです!

あと、ゾロの回想のコウシロウさん映像がなかったのも残念です。
なかったものを言うとキリがないんですけど、
風呂場もないんで、チョッパーの背中を洗うゾロがないのもいかがなものかと思う。
そのくせ今年もナミの胸はゆれていて、もうそこはいいから、という気持ちです。

無いシーンがほとんど、ということは改変されている場面も多いということ。
やっぱり、イガラムさんが女装キャラで、おどけるのが面白いところであって、
テラコッタさんがそれを演じるのは変じゃないかなぁ。
やっぱりイガラムさんは登場させるべきだったと思う。
あの長いアラバスタ編を90分にまとめるのは
大変かと察することは出来るんですが、
せっかく映画にするんだったら…

あと、クロコダイルの最期は、原作の裏町にて
みじめっぽく町の住人に見つけ出されるというのが
彼の悪人としての末路を示していて良かったと思うので、
コーザとチャカに抱えられて民衆に晒される。というのは
ちょっとカッコよすぎる気がしました。

そういった意味でもこの映画、
全体的にクロコダイルのプロモーション映像と
思えばいいのではないでしょうか。
スモーカーさんはいませんが、クロコダイルのセクシーぷんぷんで
オヤジ成分は薄まっておらず、その点は満足です。
クロコのほつれたオールバックを見るたびに、胸が高まります。
ビビよりもよっぽどメインだった。

新規映像としては、ゾロにおぶわれるナミのショットが、
原作ではこっそりだったのが堂々と何カットもありました。
ちょっと嬉しい。
あとは、ロビンの過去とも連動して、サウロが回想で登場。
そんな気持ちで船に乗り込んだのか、とぐっときました。

当然「また仲間と呼んでくれますか」には泣いたわけで、
アラバスタ編をついつい読み返したくなったのでした。


もう次の映画の公開が決まっているようです。
フランキーの顔もありましたので楽しみだわぁ…
オリジナル作品なんだろうな~!




去年の感想はこちら
ONE PIECE・THE MOVIE「カラクリ城のメカ巨兵」、を観る
スポンサーサイト
【2007/03/18 06:17】 2007年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<週刊少年ジャンプ・2007年16号、を読む | BLOG TOP | アカギ、を読む>>
この記事に対するコメント
海軍が出ない・・・・アラバスタ編の意味が無い・・・・。
個人的にはあの話は「権力とは」がテーマだと思っているので、それを語るには海軍が必要不可欠だと思ってます。

スモーカーたちが出ないってのは非常に寂しいです。
【2007/03/18 13:00】 URL | STERNE #- [ 編集 ]
>STERNE さん
私もまったく同感です。
アラバスタ編の魅力って、いろんな形の力が、
最後の決戦で一つの場所に集まっていくところでもあると思うし…。
もしかすると、海軍は表歴史なんで、
裏歴史の記録としての映画、ということなのかもしれません。
【2007/03/19 16:34】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/532-15bc9b06


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 劇場版ワンピース『エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』、を観る ... 稀有なほど希