稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2007年14号、を読む
今週中にワンピ映画見に行くつもりなんで、
去年に引き続き感想をアップしたいと思います。
三月の楽しみの一つだわ~。

では、今週もどうぞ!

・サムライうさぎ

設定、絵柄などなかなか好みの作品でした。
既婚者が主人公というのに胸わしづかみ。
道場を作る、なんていう目的は仲間集めもあるんだろーなー、と
楽しみになってしまいました。
ただ、キャラクターは魅力的なのに可愛いと思えないヒロイン・・・
彼女の裏側にある設定がわかれば、もっと共感できるのかな?

床が別、から始まった夫婦はやがて同じ布団で
寝ることになるのでしょうけど、
なんかドキドキしますねー
武井宏之先生のようなうまい初夜っぷりを期待しています。


・NARUTO

サスケの言っていることがもっともなような気がしますけど、
それを利用する為に付いていった奴に言われたくねー


・ONE PIECE

>6人も賞金首がいるんだ

ということはどういうことなんでしょうか。
今、麦わらに一味全員に賞金がかかっているはずなんですが、
フランキー加入で8人のメンバー。
「6人」って一体。

まず、考えられるのはウソップですよね。
彼はそげキングで賞金首になっているので、
数には勘定されないでしょうし。
下手すればルフィ、チョッパーも
ウソップ=そげキングと知らない以上、
一味全員に賞金首がかかっているとは思っていないかもしれません。

では、もう一人は。

…やっぱりサンジなのか?!!!

WANTEDが写真ではないとはいえ、あれだけ似ているのに
気づかれてないとかあるのだろうか。
眉毛とか、そのものなのに!


今週のヒットは、
「おっさんの木と…ユニコーンが一盃やってる!!」のコマのゾロ。
こういうコマの後ろで汗記号流すゾロがスキー!
ちょっと珍しい表情じゃないでしょうか?!!


・BLEACH

もう一度言ってくれるのかザエルアポロ・グランツさん!
なんて親切なんだザエルアポロ・グランツさん!
先週に引き続き、やっぱり覚えられないぞザエルアポロ・グランツさん!


・To LOVEる

なんか今回は普通にうまい展開だなーと感心してしまいました。
ルン&レンだけで主人公になれるよなー。
見た目がまるっと変わってしまうのが勿体無い気もします。
もっとレンの外見と近ければいいのに。

しかし、いつも御門先生はなんか中途半端だ。
矢吹先生は大人の女性を描くのが苦手なんだろうか。


・ラルΩグラド

ネームのだめっぽさが最もひどい回ではないでしょうか。
これはゲームシナリオを読んでいると思ったほうがいいのかも。
このままじゃ誰一人にも感情移入できないよ。


・テニスの王子様

>行ってあげたら喜ぶよ!

皮肉以外の何者でもねぇ!!!!

久々に電車で笑いが止まらなくなりました。


・家庭教師ヒットマンREBORN!

ランチア祭りが、今・・・!!!

と思いきや速攻閉幕の予感ですが、
喜べる時に喜ぶのがマイナーキャラファンの鉄則。
今までどこにいたんだ、とかなんで来たんだなんて全部スルーなのが
REBORN!クオリティです。
今、そこにランチアさんがいるということだけを祝おうぜ!!


>ずっと骸様が話しかけていた…

しょっぱなから意味が分からないのですが、
骸の思念体がランチアさんになにか行動を起こしていたんですかね。
骸にとってのランチアさんは使い捨てじゃないのか。

>礼を言いにきた

ななな、なんのこっちゃー!!
いや、別にいいんだけど、結局助けに入ってるのは一緒じゃないの?!
しかしこの決め顔がナイスなので、
満足げなランチアさんには何も言うまい。

>北イタリア最強

あれ?!前はエリア最強じゃなかった?!!
拡大してませんか、これ。
それとも以前の発言は謙遜だったんでしょうか。
そんな伏線は天野先生に限ってなさそうですけど。

>世話になっているぞ

らららら、ランチアさーん!!!!
以前骸を世話していたというランチアさん、子ども好きかもとは
期待していましたが、まさか頬を染めながら
その体に子ども三体まとわりつかせてくれるとは!!
フゥ太とか、前は捕まっていた相手なのに!

寿司屋に行ってるときにまでランボ、イーピンを肩に乗せてて、
もう日曜日のパパにしか見えません。

それにしてもネクタイスーツ姿が眩しいぜ。
戦闘シーンではアップと遠景しかうつっていなかったんですけど、
このときはスーツじゃないようですし、
着替えを用意してきたのね…!
昨晩は沢田邸に宿泊したのでしょうか。
奈々ママ、一体彼を何者だと思ってるのかな。
さすがに旦那がいない、しかも息子は倒れて動けない家に、
いい歳した男が上がりこむのはどうなんだろうか。
そんな寛容なママンが好きです。

ああ、それにしてもあの球は一体どこに収納されているんだろう…


さて、ランチア祭りだけでなく、
リング争奪戦もなんだか分からないうちに幕を閉じ、
新展開に突入するようです。
ほのぼのパートはもう入れないんだなぁ。つまらない!


・銀魂

ハツの良妻っぷりに、マダオもっとがんばれよー!と握りこぶし。
やっぱり身持ちが硬い、素敵な女性で嬉しかったです。


・こちら葛飾区亀有公園前派出所

もちろんデフォルメされてることはわかるんですけど、
誰とも仲良くなれない会社ってつまらないですよね。
人間関係がなんでも一番辛そうだけど。


・魔人探偵脳噛ネウロ

ここから謎に繋がるわけではなく、弥子の成長イベントだったんですね。
あかねちゃんは自分の意思で外に出られるのかな。
ネウロにお願いしたんでしょうか?
普通に面白くて、感想の言葉が出なくてすいません。


・エム×ゼロ

ど、どんどん観月が妄想キャラになっていく!
矢射子かよ!


・太臓もて王サーガ

二年目のラブ・デスティニーです。
私の中で人気投票の次に大好きな回になりました。

まさかもて王に泣かされる日が来るとは…!!!

夕利が、乾が、もう本当に健気で。
矢射子→宏海を応援し続けてきた私ですけど、
乾&一口のためにも、矢射子は告白を成功させて欲しい。
たとえ玉砕しても、ちゃんと思いは伝わりますように。

乾と一口がくっつけばいい、なんていうのは
二人の想いを考えるととても言えないです。
だって二人とも、本当に矢射子のことが好きだったんだもんね。
大事だったんだもん。
宏海を蹴りあげて、乾を壁から引き出す一口を見ていると、
この二人は同志なんだとまた涙です。

木嶋と吉下、こちらの流れも面白かったです。
デートくらいは、と未練がましい木嶋。
まさに自業自得だよ。


・P2!

みんな大好き岩熊先輩、の回でした。
「お前さんにはすまんのう相馬」の台詞は、
天然タラシのニオイがするぜ岩熊先輩!


・重機人間ユンボル

…マレは 心が 折れた。

武井先生、私にとっても濃い10週を
本当にどうもありがとうございました。
仏ゾーン、シャーマンキング、そして重機人間ユンボルと、
私は武井作品を愛していると再確認です。
コミックスの加筆を待ち望んでいます!!



ご意見ご感想があればコメント欄の他、Web拍手もご利用ください!



お待ちしております。
スポンサーサイト
【2007/03/06 22:34】 2007年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<web拍手のお返事 | BLOG TOP | 青春は薔薇色だ、人生は薔薇色だ、を読む>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/519-938edb2e


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 週刊少年ジャンプ・2007年14号、を読む ... 稀有なほど希