稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
月刊ジャンプ休刊、のこと
月刊少年ジャンプ休刊…出版不況に勝てず(ZAKZAK)

いや、驚かされました。
クレイモアがアニメ化決定ときいて、未読ですけども楽しみにしていたのに…
私が月ジャンではギャグマンガ日和押しですが、どうなるんだろう。
記事中にある
>原則として全作品の終了を予定している
のコメントが不安をあおります。
あのマンガが週刊では無理ということは頭ではなく心で理解できるので、
移るとしたら好調らしいウルトラジャンプ?
それとも連載が終わるんでしょうか。
一つのキャラクターに絞らないあのような連載スタイルは、
最終回を迎えやすいのと同時に、新しい連載を迎えにくいですよね。
きっとそうはならないと思うけど、
もしギャグマンガ日和が連載終了するとするならば、
増田先生は集英社を出て、サブカル系雑誌で描いた方が先が長いかもしれない。
もしくはいっそネット配信。

やはり一つの雑誌が消えてしまうのは寂しいものです。
スポンサーサイト

【2007/02/25 23:06】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<週刊少年ジャンプ・2007年13号、を読む | BLOG TOP | TVnavi・4月号:木村拓哉×山本耕史対談、を読む>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/510-b913c69a


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 月刊ジャンプ休刊、のこと ... 稀有なほど希