稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
新選組観光日野めぐり、に行く
この三連休に東京に行ってきました。
そして月曜日には組!友とともに日野観光。
楽しかったです。
忘れないうちにまとめておこうっと。
写真ばっかりで長いため、READ MOREに分けます~
興味のある方だけどうぞ。



まずは早朝八時半、新宿からJR中央線に乗って日野駅に到着いたしました。
同行いただいた方が何度も日野には足を運ばれているので
私は付いていくだけのダメ人間でございました…

最初に到着したのは宝泉寺。
源さんこと井上源三郎さんのお墓があります。
日野駅からすぐそこでした。

げんさん


宝泉寺に限ったことじゃないんですけど、
日野ほど源さん押しな地域って
行った事がなくて、「おお…源さん!」となぜか感動です。
有志の人たちのノートが入ったケースには小林隆さんの源さん写真が
貼られていて、大河の影響を感じました。
小林さんの源さんを超えるのって、相当難しいと思う。


資料館


井上源三郎資料館はお休みでした。民間だから仕方ないね。
第1・第3日曜日が開館とのことなんで、また訪れたいです。


9時半の開館までぼーっと待っていたのが日野宿本陣。

日野宿


一番のお客さんだったので、私たち二人にみっちりガイドしていただきました。
大石鍬之介が大工で、彦五郎さんちを建てた一人、だったかもしれないんですね。
基本的に大河のキャスト、ストーリーで話を聞いてしまっていいる私なので、
「鍬が?!!」と驚きでした。
実は元武士の子・鍬…
彼にも人生あり。
大河の鍬といえば空気の読めないというか、
突っ走って暗殺ばっかりというかだったんですが、
ガイドさんが「近藤勇の指示を受けていろいろ暗殺も行なったようです」と
説明してくださった瞬間、あ、史実の話だった。と引き戻されました。
すいません。

佐藤彦五郎新選組資料館もお休みでした。


そして次は新選組のふるさと歴史館。
大河の小物の展示が終わってしまったのは残念!見たかったなぁ。
しかし、のぼりに例のコルクがプリントされてました。

コルク


展示内容は『新選組 京都の日々』。
日野にまで行って京都の日々か…と思わないでもなかったですが、
(特に私は京都から訪れているので)
なかなか面白い展示でしたよー。

日野駅に戻って、バスに乗り、高幡不動尊駅へ。

と、ここで昼ごはんです。
組!友のオススメで、新選組隊士の名前を定食名にしている
「幕末めし処 池田屋」へ。
私は勿論近藤勇丼を注文です。ラブです。


近藤


スタミナ焼肉定食ですね。
なんで焼肉が近藤勇なのかは謎なんですけど、美味しかったです。
観光の人ばっかりかと思いきや、地元の方もたくさんこられてました。

腹ごしらえもすんで高幡不動尊です。
ここは去年まで山本耕史さんが土方役として豆まきにこられてましたね。

高幡


閉館続きでしたが、ここでは奥殿を拝観できました。
源さんの刀、土方さんの書簡など。
良順先生は絵も字もうまいなぁ…
「ナースです」。
すいません、これも大河ネタ。

ここが私の初詣にもなったんですが、おみくじひいてみました。
結果は吉!
おお~テンションあがった~。

高幡不動尊駅に戻って多摩モノレールに乗って万願寺下車。
徒歩にて石田寺に到着です。
「せきでんじ」と読みます。
石田村の名残なのかな?この辺りは土方さんの出身地でした。

石田寺には土方さんのお墓があります。

石田寺


人が入れ替わり立ち代り訪れていました。
うーん、人気者です。
私も「お疲れ様でした」と拝ませていただきましたよ。

土方歳三資料館も休館です。
日野に行くのは第1・第3日曜日がいいみたいですね。

ここで観光はおしまい。
日野は観光魂が炸裂しているわけでもなく、
かといって観光者を嫌っているわけでもない優しい街でした。
また行きたいな。

日野市観光協会が作っているHPも参考までにどうぞ。
こちら
スポンサーサイト
【2007/02/16 00:03】 2007年08年組!と組!!(三谷もの含)感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<春行きバス、を読む | BLOG TOP | 政治萌え、を読む>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/500-444acaff


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 新選組観光日野めぐり、に行く ... 稀有なほど希