稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
拝み屋横丁顛末記1~3巻、を読む
拝み屋横丁顛末記 1 (1) 拝み屋横丁顛末記 1 (1)
宮本 福助 (2003/07/25)
スタジオディーエヌエー

この商品の詳細を見る


いつも素敵マンガを教えてくださる「STERNE」さんに、
またまたご紹介いただいた「拝み屋横丁顛末記」。
STERNEさんのおかげで素敵な出会いが出来ました、
ありがとうございますー!

幽霊、そしてそれを祓う人ものっていろいろありますが、
私の中では桑田乃梨子の「おそろしくて言えない」かな。
(私の今生の心残りは、このドラマCDを未だに聴けていないことです…)
それに負けず劣らず、「拝み屋横丁顛末記」も面白かった!
神主、神父、陰陽師、坊主…拝み屋と呼ばれる人たちが
集まってくる界隈、それが拝み屋横丁。
そんな設定がとにかくツボだったです。

ウワサでは「拝み屋横丁顛末記」はオヤジ率が高い…
と聞いていたのでその点を期待してたんですが、
本当、ウワサどおりでした。
と、いうかオヤジ率が高すぎて、その希少価値がうすれるぐらい。
(オヤジは作品の華なので。)
ご隠居拝み屋の三爺が可愛くて可愛くて!
一典くんに「(文世さんに)愛されてるか確認したいんですね」
といわれて‘てへ'となる三爺にキュン死しそうになりました。
もう、誰か、三爺を国宝指定してー!
国で保存して愛でてー!
てへ、があまりにも可愛いので、うひょうひょなってました。

あとですね、生きている人も死んでいる人もとにかく陽気。
自分が死んだ時、ここまで陽気になれるんだろうか…
なれるといいなぁと。
それは三爺をはじめとする老後にも言えるんですけど。
あんな老後を迎えたいものよ…。

文世さんのクールビューティーぶりとか、
徳光さんの唯我独尊ぶりとか、
なんつーか、もうたまりませんな!
オヤジ万歳!!

ところでこのマンガ、何かに似ているなぁと思っていたら、
作風が芳崎せいむ『金魚屋古書店出納帖』にですね。
女性作家特有の線の細さとか、背景の細かさとか、
ノスタルジック重視な部分や、笑いを忘れないあたり。
少々動きがぎこちないところまで似ています。
もしかしたら同世代の作者さんなのかもしれません。



拝み屋横丁、7巻まで出ているのかー!
こつこつ集めるぞー!!
スポンサーサイト

【2007/01/10 03:08】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<はなまるマーケット:ゲスト・吹石一恵、を見る | BLOG TOP | ラディカル・ホスピタル12巻、を読む>>
この記事に対するコメント
おー読みましたね~。
私はどちらかといえば金魚屋より拝み屋の方が好きなんですよー。なんでかな?
三爺たちはすっかりマスコットというかいじられキャラですよね。
若いころが結構ハンサムなのにはびっくりです。
日本一平均年齢が高いドラマCDを聴かなきゃいけないと
最近思ってます。
【2007/01/11 11:02】 URL | STERNE #- [ 編集 ]
>STERNE さん
ドラマCD、文世さんが藤原啓治さんなんですね!
うわー!超聴きたい…っ!!!!
驍宗さまで木村達也さんでヒロシな藤原さんが大好きです。
緒方賢一さんも中田譲治さんもいらっしゃる。
今、異様に興奮している私がいます(笑)
【2007/01/11 23:33】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/460-6d5f046a


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 拝み屋横丁顛末記1~3巻、を読む ... 稀有なほど希