稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2007年03号、を読む
風邪、治りましたとここに高らかに宣言!
明らかに睡眠不足と栄養不足でした。
ご心配おかけしました。

では、今週は無事健康な体で書き上げましたので、
(でも内容は大したことはない)
よければどうぞ。

・重機人間ユンボル

おお、武井先生独特のノスタルジックな絵柄は健在で嬉しいなぁ。
設定とか、バル隊長の男前ぶりなんかは嬉しくて仕方ないのですが、
このご時世、公共工事にまつわるエトセトラは良いイメージとは
言いがたいです。
現実のイメージと、どう照らし合わせていくのかな?
どうも武井先生は「かっこいいもの(男の子回路)」へのアンテナは敏感なんだけど、
大局的に見てそのことがストーリーの破綻に繋がることも多い気がするので。

しかしSっ気美女描かせたらうますぎます。
今回の連載陣三作品の中で一番期待をかける作品となりました。


・ONE PIECE

どうやってウソップが戻ってくるのか?がここのところの話題でしたが、
結構ストレートでしたね。
けじめというか、決着をうやむやにしなかったのは大事かと思うんですが、
なんか「今更」感が漂うのも事実。

あと、年齢によってもウソップへの対応の仕方が違いました。

=アンダー18(ルフィ、ナミ、チョッパー)
戻ってきてほしいと単純に考える。
それを自分で働きかけようと、行動に移そうとする。

=19コンビ(ゾロ、サンジ)
けじめが必要。
ウソップには戻ってきてほしいが、組織重視。

=20歳越え(ロビン、フランキー)
黙って見守る。

ルフィとウソップが決闘したときには静観していたゾロが、
こう大きく発言したことに違和感を感じたのですが、
フランキー加入により、見守る立場から発言する立場に変わったということ、
また、約束を最重視する彼は「口に出したこと」を反故にする行為を嫌うということが、
この辺りから感じられました。
謝罪があればよしとするあたりが、またゾロらしいですが。

あと、ルフィVSウソップに関して、私はルフィもかなり悪いと思ってます。
ウソップの罪は軽く脱退を口に出した点であって、そのきっかけはルフィだよなぁ…と。
この辺りはまた来週是非描いていただきたいものです。

しかし、ギアを生み出した経緯と言い、ルフィの仲間への執着ってちょっと怖いものがありますね。


・アイシールド21

ムムムムサシー!!!!
ムサシが出たとたん、先週までと同じマンガとは思えない劇画の匂いが漂います。
彼の職人っぷりに惚れる…
今回は無事キック成功しましたが、失敗した時の何ともいえない表情も好きです。
本当、こういう不言実行キャラ好き…ムサシ好き…
今更オッサンと言われて傷ついているあたり堪りません。


・家庭教師ヒットマンREBORN!

なんかやらしい表紙に見えたのは私だけ…?
お兄さんのが結構安らかなのが、痛み慣れを感じます。


・銀魂

桂が何気なくスナックお登勢にいるのに仰天しました。
だんだんこの人のことが好きになる自分がいる…!


・エム×ゼロ

観月が使った「昇天使」はどんな効果があるんだろう?
今回の使われ方だと持ち上げるぐらいにしか見えませんでしたが、
様子を見るに回復魔法でもあるのかな?


・ラルΩグラド

マ…マレロさんがパーティーに入ると思ったのにぃ!
やっとまともな成人男性(仕事もできる)が登場したと思ったのにぃ!
口惜しさに震えます。


・メゾン・ド・ペンギン

サイレントマンガには徹底して文字表記を避けるべきかと。
(「ほしいもの委員長」も絵で表すべき)
それでこそ最後の「バカ彦くん」が活かされると思うんですよね。


・BLEACH

デザートブラザーズのぐだぐだな感じは、結構好きです。
ジャガーさん調でしたね。


・テニスの王子様

種類が108種あったところで、どうだというんでしょうか。
回数が一試合に108打てるということとイコールじゃないし、
なんなんだ。


・こちら葛飾区亀有公園前派出所

「ソフトバンクの例を見ただろ」に笑いました。


・魔人探偵脳噛ネウロ

「ゆめのまちみさえランド」さんのWJ2号感想で行なわれていた
ネウロ考察が大変面白く、いろいろ考えさせられました。

まず、私は「刹那=サイ」ではない派です。
単純に、そこまでストレートに松井先生は作らないだろう…
といういわば期待なんで置いておいて。

今回出てきた「悪意の固まりのような病気」というのは
逆に「刹那=サイ」を裏付ける一つかもしれません。
サイは自分を構成するものとして「憎悪」があると言っていましたが、
何らかの人為的、そこに憎悪があって
サイも刹那も脳の病に冒されているとしたら、
一つの共通点ではありますよね。
イコールというより共通点で、「刹那=サイ」とは言えないんですが。

今ちょっと思ったけど、本条博士がアイだったらすごいな。
サイを観察しつづける。

こうやって想像の余地がある、年表の空白をうめていける作品って素晴らしいですね。
ネウロもONE PIECEも、こういうところが最大の魅力なんだと思う。


・真説ボボボーボ・ボーボボ

そして至郎田。


・太臓もて王サーガ

温子と宏海のジョジョを通しての絡みは毎度好きなんですが、
今回はドツボを突かれました。
七夕の承太郎コスに味を占めたんだな温子!
いいぞー!もっとやれー!!
女子との接触に頬赤らめる宏海を見れるなんて、まさに僥倖です。
(しかもその女子が恋愛感情まるでなしなのがイイ)

途中、精子の台詞で「翠さま」と誤植されているコマがあって、
そのコマがコマなだけに注目度アップでした。
スポンサーサイト
【2006/12/18 14:17】 2007年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<大奥2巻、を読む | BLOG TOP | スマステ6:ゲスト・美輪明宏、を見る>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/434-74ba9a58


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 週刊少年ジャンプ・2007年03号、を読む ... 稀有なほど希