稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
2007年春の三谷幸喜新作舞台(予想編)、のこと
恒例のPARCOプロデュース、三谷幸喜新作舞台が2007年4月~5月と
発表されました。(詳細はこちら

出演陣は

中井貴一、
寺脇康文、
相島一之、
堀内敬子、
生瀬勝久

とまたもや豪華!
中井貴一さんが三谷さんの舞台に出るのって初めてでは?
映画版「竜馬の妻とその夫と愛人」での接点かしら。
しばしば三谷さんのエッセイでは名前が挙がりますが。

以下まだ、未発表部分を推測です。

LES CONFIDENTSというのがタイトルなのか、何なのか。
ちなみにこの意味はフランス語で「信頼できる友」を意味します。

「IN PARIS,1888」と絵筆があることから、
ルノアール、ゴッホ、セザンヌの印象派画家を主演にするのかしら…
しかし、過去の三谷作品で外国人役を日本人が演じたことは少ない、
(思いつくのは古畑での「すべて閣下の仕業」のあの人ぐらい)
と思うので、
ここは一つ、

当時フランスに留学していた画家・黒田清輝が主人公と予測します。

1888年にパリにもいたようですし…。
ただ、2007年後半には「恐れを知らぬ川上音二郎一座」の公演も控えているわけで、
同じ実在の人物、外国滞在ありをモチーフにはしないかな?
(こう見ると、今年来年と三谷さん忙しすぎるけど大丈夫なのか)
出演陣を見ると、「LES CONFIDENTS」の方が大人っぽさを感じますが。

今月中旬以降に詳細発表とのこと。
私の推測は当たっているのか?!!
スポンサーサイト

【2006/12/05 21:54】 2006年組!と組!!(三谷もの含)感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<鉄子の旅がアニメ化、のこと | BLOG TOP | 週刊少年ジャンプ・2007年新年1号、を読む>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/419-1fec9a28


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 2007年春の三谷幸喜新作舞台(予想編)、のこと ... 稀有なほど希