稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2006年50号、を読む
この間、テニプリファンの女友達数名と飲んでて、
(というかテニプリファンの集いになぜか私が混ざっていた、
といっても過言ではない。)
「あー、こうやって皆さんテニプリを楽しんでるのかー」と
開眼しました。
テニプリファンになったわけじゃないですが、
テニプリファンのファンになったかも。

同調とか分身とか幕張だとかだれも気にしてなかった…!

いや、気にしてるのかもしれないんですが、
それはそれ、と横においている印象でした。
テニプリのキャラソンを歌ってもらったりしていると、
私なんかは「えー?」とつっこんでもつっこんでもキリがなかったんですが、
当然それは野暮な行為なようです。
というかテニプリのキャラソン、ちょっと電波ソングに近いものがあるよ・・・!
頭の中ぐるぐるまわるんですが!


夏目房之介さんが言われるところの「バイリンガル」を最も駆使しているのは
間違いなく女性テニプリファンの皆さんでしょう。
彼女たちは跡部が坊主になろうと、それはそれ精神でしたよ!
ネットで想像されているような女子テニプリファンは、
実像とは異なっていると付記しておきます。


そういうわけで今週のジャンプ感想ですが、
これだけテニプリに触れておいて今作品は休載です。
タイミング悪ッッ!!


・ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
ロージーって「努力する天才」タイプだったのか・・・。
・・・なんというか、なにやっても空回りいているんだけど、
結局元々の素養が開花することが多かったので、
それが努力が実った形とは考えてませんでした。

それにしてもムヒョが「努力」とか「勇気」とか言うのは似合わないな。

・NARUTO
アスマフォローの回ですが、なんだろう、このモヤモヤ。
頭の片隅では「忍びだから、多少あっさりしていてもしかたあるまい」
もう片隅では「たたたたたたたたた、単なるシカマルレベルアップの踏み台?!!」と
アセってしまう、この気持ち。
シカマルスキーな私にしてそう思わせるのですから、
アスマファンの皆さんの気持ちを考えると・・・

・ONE PIECE
シャンクスの覇気に読者の私もふらっとくるぜ!
むしろフェロモンじゃないのかと、勘違いするんだぜ!
シャンクスは西の海出身か!
ロビンもそうだったよな!
ルフィと会っている時点のシャンクスから、とにかく成長したのか!
とか思ってたら、あの傷は黒ひげに付けられたものなのかよ!
短いな10年!


…はあはあ、文尾に「!」を付けまくると
テンションあがりすぎてしんどい・・・
だがしかし。
シャンクスが、そしてエースが登場するとなるとこれぐらいのテンションは必然です。

昔シャンクスと昔バギーの関係は、以前から「いいなー」と微笑ましく
思っていたものですが、
シャンクス、仲間に誘ってたのかー。
いいなー。
ここの3コマは心があったかくなります。
もう冬ですね

ところで白ヒゲといえば豹柄ナースのお姉さんたちですが、
どこへいってしまったんでしょうか。
シャンクスのフェロモン覇気にやられたのでしょうか。


・エム×ゼロ
この作品の何が好きって、校長室でお茶飲んでるパパを見ているときですよ。
なごむー。
柊パパは、本当になごむー。


・アイシールド21
今回は石丸さんがとにかく美味しかった。
冷たくなるって言うかさ、への冷たいツッコミとか、
未だに助っ人なのに過去も現在も列にいるところとか。

毎週アイシル読み続けているにも関わらず、とんとルールを
把握していなくて恐縮ですが、
なんで最後の見開きに武蔵と小結くんいないの・・・?
そして今どこにいるの・・・?

・太臓もて王サーガ
やっぱり取材行ってなかったかー!!!
まあそんな暇がないのは当然なんですが、こう描写がないとやっぱり寂しい・・・
どうせ京都なので、パプワのアラシヤマ「平等院鳳凰堂極楽鳥の舞」パロしてほしいなー。
火を使うのは大木お姉ちゃんの印象なので、無理かな。

矢射子がついに無表情で鼻血を流すようようになり、拍手を送りたいです。


・P2!
最後のオチは、ツボに入りました。
乙女ちゃんは私の中で萌えと萎えが行ったりきたりしています…
乙女ちゃんにひいているヒロムは萌えだけれども!


・ギャグマンガ日和
DVDが発売されるたびに出張してくる、それがギャグマンガ日和!
表紙は遣隋使だったので内容も・・・?
と思っていたら中小企業シリーズ!それがギャグマンガ日和!


・TO LOVEる
なんか今週も色々すごかったですが、廊下でチェンジてものすごいな。
もはや隠れもしないのかよ。
ブラが付けててしんどいというなら、ペケにジャストサイズで変身してもらうべきでは。


・魔人探偵脳噛ネウロ
弥子の本気の姿は魚肉だったのだなぁ・・・
笛吹さんがジャンプ屈指のツンデレなことは明確ですが、
今週は心底キュンキュンさせてもらいましたよ。
ええもんみたー。

怒り→焦り→冷静→判断→決意→期待→後悔

この思いの揺らぎが一回分で!
なんてお得なんだ笛吹警視!

・ピューと吹く!ジャガー
何気にお母さんが一番コワい。
目が、目がコワい。
スポンサーサイト
【2006/11/15 00:00】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<木村拓哉主演「華麗なる一族」キャスト発表、のこと | BLOG TOP | なんでも鑑定団に田中大さんが出演されていた、ということ>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/397-6e2023b5


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 週刊少年ジャンプ・2006年50号、を読む ... 稀有なほど希