稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2006年49号、を読む
先週までが異様に盛り上がりすぎて、今週ちょっとおとなしめです。
興奮しすぎると文章が荒れる。

それを学んだ一週間でした。

今週もどうぞー。




・家庭教師ヒットマンREBORN!
>大丈夫スか?笹川兄!!
丁寧なのか失礼なのか山本。

・ONE PIECE
ここで捕物帖が始まるのかと思いきや、おじいさまあっさり退却。
孫に愛されたいおじいさまをみて、ますます惚れました。

今週は何かとゾロが素敵だった…
ゾロは大抵素敵なのでわざわざ感想に書かない、むしろ書けないのですが、
私は彼の大ファンであります。
触れそこなってましたが、皆おそろいのガレーラカンパニーTシャツとか、
一緒に着ているのが。きゃわゆい。
これはきっと商品化されるのだろうなー。
やっぱりゾロは、口を歪めて笑うのが一番良いな。

恋愛色が薄いONE PIECEですが、(サンジの行動が恋愛ではないのは前提で)
青キジとロビンの会話はゾクゾクしますね。
「男と女」って感じで。
ロビンは麦わらの中にいると余裕の表情を崩しませんが、
そしてその表情も段々と自然になっているのですが、
青キジの前では緊張し、狼狽する…
また、サウロと青キジが親友だったというのもそれを煽りますね。
クール系青キジが「親友」と臆面もなく言っているのにまず萌えを感じます。

親友が命を賭けて守った少女を、追い、攻め立て、そして見守り続ける男…


さて、来週からは世界が動き出すようです。
シャンクスの登場、懸賞額の変化、そしてそげキングはどうなるのでしょうか。


・BLEACH
ネルはなんか…あんなに幼いのに色気があるよね…。
それを感じ取る私に問題があるのだろうか。

・魔人探偵脳噛ネウロ
うわーん、まだドラマCD買えてません。
これは本気で欲しいんだ。
ちゃんと表紙に吾代さんがいてよかった。

ネウロの弱点、というか弱点とは思っていなかった点が大きくクローズアップです。
ネウロは、人の気持ちが分からない、ということが自覚してたんだなぁ…
完全ギブアンドテイクのネウヤコの関係って心地良いですね。

そして吾代さんとネウロの主従関係ぶりも微笑ましい領域に達しました。
吾代さん、ネウロは本当のことを言っているのよ・・・?

・銀魂
最初の二ページが秀逸だったので、後の展開がダルく感じてしまいました。
林流山博士は林羅山から来ているのだろうなー。
源外さんと知り合いなんでしょうね。

・To Loveる
リトがいつのまにか園芸好きキャラに…

・HAND’s
このマンガのキャラって皆同じ顔をしていて見分けがつかなです。
家庭内の話のときはそう思わなかったのに、
学校に話が移って致命的になったような。

・アイシールド21
オヤジは・・・いいなぁ・・・!!!

マンガのオヤジを愛でるブログでも作ろうかしら。
今週のショーグンと溝六を見ててニヤニヤしながら思ってました。
需要が私一人でも良いじゃない。
オヤジ良いじゃない。

嵐の決戦て、素敵ですね。

・LEGEND TOWER
早くも麻生周一先生が再登場です。
自分よりも年下のマンガ家が活躍するようになったんだなぁ…しんみり。
ツッコミが悪どいエンドって、結構好きなオチでした。
麻生先生は、うまいと思う。

・メゾン・ド・ペンギン
あーやっぱり今日の佐藤さん終わってたのか…
地味に好きだったので、投稿すればよかった。

・テニスの王子様
なんか、笑とは何なのかを真剣に考えてみたくなる秋の午後。

・エムゼロ
結構簡単にM0使っちゃってる気がするけどいいのかな。
愛花ちゃん基準だからいいのか。

しかし柊父も良いオヤジだ。

・P2!
川末先輩の格好がどう考えても中学生のものじゃない。
シブすぎる。

・太臓もて王サーガ
担当さん、斎藤さんから服部さんへと変わったんですね。
ということは3年生の担任は服部さんにちなんだキャラクターになるのかな?
丘先生は今週もご活躍のように、有藤先生もずっと出演して欲しいものです。

京都在住の私にとって、今週のもて王は嬉しかった…
んだけど、展開があまりにも京都と関係なくてびっくりしました。
京都出身討魔師矢射子との決戦は、是非観光地でお願いします。

スポンサーサイト
【2006/11/06 14:58】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<web拍手のお返事 | BLOG TOP | 実家も引っ越しました、のこと>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/387-86e1543c


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 週刊少年ジャンプ・2006年49号、を読む ... 稀有なほど希