稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2006年47号、を読む
超こち亀、ようやく購入できました!
とにかく感動しましたので、
今週中には感想をアップしたいと思います。
もし良ければ読んでやってくださいな。


しかし今週はとにかくONE PIECE。
ファンでよかった~!!!

幸せいっぱいの感想をどうぞ!




・ONE PIECE
ガ、ガープ中将きちゃった…!!
そしてルフィのじいちゃんの秘密が明らかに。

読者に唐突感を感じさせないのは、扉絵連載があったからですね。
扉絵連載から本編とリンクしたのは、ジャンゴのダンス天国以来?
海軍スキーの私としては、まずガープ中将の本編登場に喜び、
まさかのその正体に胸が躍っています。
おじいちゃんなのかよ!わお!!

ガープ中将、エラい人なようですが、それでも「中将」なんだなぁ。
大将どれだけエラいんだ。
もしかして孫二人(エースとルフィ)が海賊なのが出世に響いたのだろうか。
青キジはルフィとガープ中将のことを知っているようでしたし、
結構有名なのかな。
その辺りのことも今後分かるといいな。

そして、ガープ中将といえば!
コビー&ヘルメッポですよ!!!
コビメッポですよ!!!
確実にこの「会わせたい男達」はコビメッポのことで、
しかも男前になっているようで、
興奮が止まりません。
ついでに扉絵連載で登場していたトレンチ剣士も是非お願いします。
あー!たのしー!!ファンでよかった~!!!(二回目)

フランキーの二億円の使い道だとか、今年は伏線の解消がいっぱいで、
読み手としてもおなかいっぱいです。

・オハラの悪魔&ロビンの過去
・魚人島
・ガープ中将
・ルフィのじいちゃん
・二億円の使い道
・(多分)コビーとの再会

こうやって伏線が解消される快感が忘れられなくて、
連載開始からずっとファンやっているっていっても過言ではないです。
本当幸せ。ONE PIECEだいすきっ

あと、これから雪走に関しても何かあるようで一安心しました。
あまりにもあっさりしてたもんだからさ…

チョッパーはロビン失踪の時に、一緒だったので、
きっとショックだったんだろうな。
あの時はサンジが慰めていましたが、このミニコントが
それに繋がっているようで何か泣けます。
このコマのチョッパーでかすぎるけどな

・家庭教師ヒットマンREBORN!
お兄さんが想像を絶する可愛さで、いてもたってもいられません。
極限にプンスカ…っっっ!!!
もう笹川了平極限愛してるっ!
了平&ヒバリの三年生コンビは地味に好きだったりします。

・BLEACH
ネルは結局なんで登場したんだ。
今後ちゃんと解消してくれますように~~

ウルキオラさんと織姫のカップリングは何かいいな、と思った。

・銀魂
「ああ、今回は柳生道場の話なのね」
 ↓
「性転換って整形外科なのか?」
 ↓
「男に惚れさせる…」←このあたりで期待が始まる
 ↓
「合コン!」←これはもしや…と焦り始める
 ↓
キターーーーー!!!!

以上、今回のマレ式勲チャートでした。

ミツバさんのこともあったのでしばらく出てこないことを
覚悟してたんですが、
さらっと。
さらっと登場してくれてるよ、近藤さーん!!!

家政婦だってー。
お茶、お茶いれてる…近藤さんお茶いれてる…!
そして天井と合体している…!

ピーターパンなんだってー。
もう近藤さんは妖精だということは作品公認の事実ですが、
永遠の子供なんだってー。
破いた革ジャンをはおるピーターパン。

もはや、ステキすぎてどうしようもありません。
近藤さんの魅力はではなかろうか。
何も手につかなくさせる罪。
魔法律に処してあげたい

サッちゃんと近藤さんのコンビも大好きなんですが、
桂と近藤さんのコンビも、吾輩大好きであります!
この人たちは頭のレベルが一緒なので、
まとまらない会話が延々と続くのが良いよね!
桂と近藤さんは来週、どのように対面するのかしら。
二人とも記憶喪失になっていそうな気もする。

今週のMFI(マイ・フェイバリット・イサオ)は
あの体格で新八(おそらく不本意)に支えられている近藤局長でヨロシク。

・NARUTO
私は結構アスマ先生が好きだったのですが、今いち感動できなくて、
それがすごく悔しい。
張り巡らされていた伏線に、ちょっとやりすぎでは?
と、ひいてしまっていたのも理由ですが、
やはりちゃんと戦っていないことが一番泣くに泣けない。
三代目火影のじっちゃんの方がよっぽど感動しました。
やるだけのことを、じっちゃんはやったもの。
アスマ先生はとてもそうは言えない気がして…

忍らしい最期って、なんなんだろう。 

・メゾン・ド・ペンギン
たまになら四コマ無しでも、OKかと思いますー。
むしろツンエロ委員長でそれをやってほしかった…

まりっぺと、打算抜きで
(だと思う。その辺は今週のお妙さんと違う気がする)
仲良しみたいで、なんだか嬉しくなりました。
ところでなんでいとり先生は先生になろうと思ったんだろう。
向いている、というのは分かったんですが。

キャプつばパロということは「未崎くん」で気づきました。

・アイシールド21
巨大弓云々よりもショーグンがもてていたという事実。
当たり前だと思う。
若くない今でも、もてていると思う。
ショーグンかっこいいですよね!

・P2!
あー、卓球は言葉責め(という表現が正しいのかどうか)もありなんですね。
心理戦もあって、そういうところも面白いかも。
私の卓球マンガといえば、桑田乃梨子の名作「卓球戦隊ぴんぽん5」なんですが、
そこでも心理戦は行われてました。
ヒキョー技だったけど。

・エムゼロ
あ、順位あがってほっとしました。
この半身探しは面白かったー。
まさか伊勢までも中に入ってるとは思いませんでしたが。

・魔人探偵脳噛ネウロ
ちゃんと首相が交代している!(いや、前首相は殺されていたのか)
現実とリンクさせていますが、この名前も意味があるんですね…
ミギのタカ…か…

ネウロは本当に、先が見えなくて楽しい。
どうなるんだろう。

・太臓もて王サーガ
エムゼロに反して順位が落ちてきた太臓。
その上怒涛の下ネタ展開で大丈夫なんでしょうか。
男性キャラを単独で出せないという事でしたが…

翠たちの第六感が面白い。
前に真白木さんにもこういうのがありましたね。

表紙の矢射子を見て、あまりの清純さに「なぜ本編でもこれが出ない?!」と
男性読者ドン引きだった先週に思いを馳せました。
スポンサーサイト
【2006/10/23 14:23】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<web拍手のお返事 | BLOG TOP | チューボーですよ:ゲスト・山本耕史、を見る>>
この記事に対するコメント
私はコミックス派なのでいつもWJの感想は読まないようにしていたのですが

>>しかし今週はとにかくONE PIECE。
>>ファンでよかった~!!!

なんて書かれたら本文読みたくなるじゃないですかぁ。
ってことで読んだんですけど、扉絵読んでなかった・・・。
しかもまだわかんねー!!
ってことでコミックス出るまで楽しみにしてます。
これからもWJの感想だけは読みません!
【2006/10/23 20:33】 URL | STERNE #- [ 編集 ]
>STERNEさん
おお…煽って申し訳ないです。
私は伏線を色々考えたりするのが大好きなので、
今週は本当に幸せでした。

多分今から三ヶ月後ぐらいに単行本にはいると思うのですが、
それまでに扉絵連載確認されるのをオススメします!
先週今週と神展開のone pieceなので、
どうぞコミックスをお楽しみに~
【2006/10/23 20:53】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/371-04e03390


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 週刊少年ジャンプ・2006年47号、を読む ... 稀有なほど希