稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2006年44号、を読む
さっき階段から落ちて、右半身あざだらけになりました。
(荷物をかばったので不自然な落ち方に…)
パソコンの前に座るのも辛いんですけど…

雨の日には思いもがけないことがよく起こります。

そんな苦境の中、今週も感想書きましたので
よければどうぞ。


・HAND'S
新連載おめでとうございます。
パイロット版の主人公と彼女と彼女の父親の関係が好きだったもので、
そのあたりをまるごと変えてしまわれたのには残念。
彼女が主人公のことを好きになる理由なんかが、とても共感できたんですが…
恋愛を行動目的にするのは、スポコンにはもう古いのかな?
そう言ったってよくまとまっている第1話でしたので、
続きを楽しみに読んでいきたいと思います。

・ONE PIECE
エネル、これ表紙連載だったのね。
「月を望む」行為はイカロスの翼のように死に等しい、
だからこそエネルの最期は狂気に満ちて美しかったと思うので、
これを表紙連載に取り上げて欲しくなっかたのが本音です。
死を「描けない」ONE PIECEにとって、唯一死に最も近いエネルだったから。

サンジあったまいい~!とそれよりも「えっへっへ」の可愛らしさに、感動。
この人のたまに見せる年齢よりも若く見える動作が好きです。
この「えっへっへ」は、女子メンバーに褒められたからでたわけじゃないんですよね。
もしかすると、一番の仲間思いはサンジかもしれない。
小さい頃から集団で生きてきたからなんでしょう。
思いがけない可愛らしさといえば、ゾロも含めた「ブイ」は記念ものです。

いつだってONE PIECEは話が長い、バトルが長い、と見えない闇を進む気持ちで読んでいるのですが、
こうやってひとつの話をくぐり抜けて、振り返ってみると本当に面白い話だと実感します。
振り返れば本当に長い旅なんですけど。
こうやってアラバスタ編、空島編、CP9編が過ぎ去っていって…
次はどこに行くのだろうか。
ウソップは仲間に戻るのだろうか。
こんなことを考えていると、ONE PIECEを好きでよかったなって感じます。

・NARUTO
なんだ、この緊張感のなさ。

・アイシールド21
今週の進さんを見て、この人がアメフトのこと以外を考えてる姿が想像できないことに気づきました。
進さんは一体何で出来ているのだろうか。

・家庭教師ヒットマンREBORN!
完全に感想を書くのが苦痛になってきたので、
しばらくは何も考えずに話を追っていきたいと思います。
一体何がここまで私に嫌悪感を感じさせるのかを追求していく次第。

・メゾン・ド・ペンギン
いもうとクルミだめだったのか…好きだったんですが。
とりあえずツンエロ委員長おめでとうございます。
最近掲載が少なくなってきた気がするので心配していたのですが、
また委員長と若葉のやりとり、お願いします。

今回はハコイリムスメが面白かったです。
四コマ目のツッコミが、あってるようでちょっとズレてるのがいい

・BLEACH
まだ紅茶の話しとるー!!!

この人の滑稽さは、雨竜君の(今週も少々披露された)ズレに近いものがある。

・銀魂
先週もそうだったんですが、空知先生の二週にわたる話は中途半端なんですよね。
三週にわたればそうでもなくて、ちゃんと意味がある伸ばし方だとおもえるんですが。
二週よりは三週の方が面白いし、三週よりは一週でまとめた方が絶対に
面白い銀魂。
この引き伸ばし方が小ズルさを感じるのでまた余計に…。
一話で話をまとめるのは大変な労力だと思うのですが、
何かもったいない気がするのです。

最初おもひで酒のオヤジが狐かと思ったんですが、
あのハードボイルドさに私もやられました。
銀魂きってのまともな男性キャラの登場で、今後も期待したい。

・P2
…気分の悪いマンガだと評してもいいですか。
人の欠点、失敗をネットに晒すヒロインに誰が共感できるのか。
あげく稼ぎって。
これはいくらなんでもやりすぎ。ひきました。
「乙女」というキャラクターにではなくて、
これが新感覚ヒロインだと勘違いしてそうな江尻先生にです。

・魔人探偵脳噛ネウロ
荒唐無稽すぎて何から突っ込めばいいのかわかりませんが、
とりあえず吾代さんご愁傷さま

・テニスの王子様
今出来たんなら「ファイナル」にする必要ないのでは。

・ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
ペイジさんから感じる気持ち悪さの種類は、エゴなんだとおもう。

大変です!
ヨイチの草野化(=乙女化)が進んでおります!


・To LOVEる

籾岡→揉む
沢田→触る

と気づいた時、鳥肌がぞわっと立ちました。
確かにこんなマンガは今まで見たことないです。
女子にまでこのネーミング…!!

・太臓もて王サーガ
矢射子→一口という宏海の勘違いは、大亜門先生が思ったよりも
矢射宏海支持派が多いことへの懸念として貼られたブレーキに思えて、
仕方がありません。
だって不自然すぎる。
一口があれだけ求愛しているとろを見てきたのに、
何を思って宏海は矢射子も一口が好きだと勘違いするのか。
この勘違いのままだと、どうやっても宏海と矢射子がくっつくとは思えない。
大亜門先生から「矢射子の片思い」は今後も描くけど、
「宏海と矢射子がくっつく」ことはしないよー…という
メッセージな気がしてならないんですが。
杞憂でありますように。

調子に乗ったあいすが珍しくて、可愛らしさアップの今週でした。
なんで有藤先生まであんなに喜んでるんだろう。

・エムゼロ
太臓を見た流れそのままで読んでいたので、
表紙から「パイパニック」という言葉がついてまわってました。
叶先生の「領空侵犯」という言葉に、色々あるんだなーと納得。

愛花ちゃんが見ているお笑いは、右から

「きらきらアフロ」
「ガキの使いやあらへんで」
「エンタの神様」
「笑いの金メダル」
「笑点」

でOKでしょうか?
スポンサーサイト
【2006/10/02 15:53】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<アンフェアthe special、を見る | BLOG TOP | ビデオ整理中、のこと>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/347-8c509e96


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 週刊少年ジャンプ・2006年44号、を読む ... 稀有なほど希