稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2006年42号、を読む
超こち亀評判いいですね!
私も購入予定なんですが、品薄なのか本屋でみかけません。
ほしいな~

今週は本誌でもこち亀祭りでしたが、
こういうイベントものって…なんか色々見えてきますよね。
ノリの良さとかそういうのが…

「みえるひと」が一番気の毒に思いました。
なにも最終回に両さんを…!!!編集部は鬼か。

・ONE PIECE
みんなで帰る…みんなで!みんなで!!
なし崩し的にこれはウソップも含んでるんですよね?
みんなで!みんなで!!
我々にとってはウソップ離脱から果てしない時が流れてますが、
マンガ時間で言うと、え、三日も経ってない?もしかして。
(それをいえば連載開始からマンガ内では一年経ってないだろうし)

>か…!!勘違いするんじゃねェぞ!!
ツンデレかウソップ!とドッキリしました。
全方向にむかって土下座。

・アイシールド21
ちっちぇ~~マルコちっちゃい!この器の小ささがたまりません。
見た目イタリアンマフィアなのに、このやることのみみっちさ。
愛しい。
意外にお気遣いの紳士。
愛しい。
白秋ダイナソーズのマネージャーはどんな感じなんでしょうね?

・魔人探偵脳噛ネウロ
ネウロ史上最もカッコいい吾代さんが、カニみそ入りだなんて…!
まぁその方がヤコ的にも嬉しいでしょうが。
この吾代さんキラキラしてて素敵だなぁ。カニみそなのに。
あげくダブルピース

怪しい「ここ」、警視庁じゃないかな~と思ったんですが、
外観が違いますね。
ネウロの警視庁は実在の建物を模しているので、これは違うなぁ。
スパコンの多いエリア=東京と思ったんですけども。

・家庭教師ヒットマンREBORN!

…え…?!…(一度ジャンプを閉じる)
↑今週のREBORN!を始めて読んだ時の行動です。

ちょっと…何をどう言い表せばこの驚愕をお伝えできるんでしょうか。
私の中でタカヤのRPG突入の時と同じぐらいの衝撃が走ったんですが。
人間は驚きすぎると、逆に笑えてくるもんなんですね。

女体化って。

散々文句を言ってきた霧の守護者ですが、なんかもうどうでもよくなりました。
うん、ぼくもう大丈夫だよ!
もうあの頃のREBORN!に戻らないって事、ちゃんと理解できたよ!!

>六道骸じゃない…?!!
滑稽すぎてどうしようもないですな。

・メゾン・ド・ペンギン
着メロ委員長読んだとき、なんか最終回のにおいがしました。

・銀魂
何が面白いって特別企画が二週にわたっていることですよ。
グダグダすぎる
久しぶりのマダオが嬉しかったです。
よかったよかった、相変わらずマダオのようだ。

魔王お妙さんを救いに勲登場しないかなー


…って。
先週のあれでおわりだったのかよ?!!!

・テニスの王子様
復帰おめでとうございます。
相変わらずの許斐節で安心しましたです。

・太臓もて王サーガ
もしかすると、大亜門先生は少女マンガもお好きなのかも。
矢射子なんてもろ少女マンガ的だし、ガラスの仮面ネタもありましたね。
そう考えると、阿久津パパは「お父さんは心配性」の
佐々木光太郎が元ネタなのかなぁと思ったり。
なんか似ていません?

お父さんは心配症 (6) お父さんは心配症 (6)
岡田 あーみん (2000)
集英社
この商品の詳細を見る


あの狂気的なところは勿論、メガネ、髪型も少々似ている。
(と、いうことは宏海は典子?!!)
男やもめなところもそうですね。
公務員なことも発覚してうまうま。
伊舞の足蹴りが今回の見所でした。うまうま。
「お母さんとも仲直り」ということは復縁の可能性もあるのかな?

個人的にあくさどは、恋愛感情無しのコンビとして好きです。
矢射子をいつまでも応援し隊。
(次号予告を見て矢射子留年の可能性に戦々恐々としています。
真白木さんの二の舞?!!)

・斬
「くわっ」て擬音がなんともネウロティック

・みえるひと
最終回の是非は別として、とても面白い作品でした。
こんな良作を打ち切らざるを得ないジャンプって
問題あると思うんですが…
壊神さんが裏切り者だったのね。
その辺りもじっくり読みたかったです。
いろいろ心を突き動かされました。
やっぱり、どうしてもガクとツキタケの事件の真相が読みたいなぁ…

岩代先生どうもお疲れ様でした。ありがとうございました。
スポンサーサイト
【2006/09/18 23:30】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<田中大先生、お誕生日おめでとうございます!、のこと | BLOG TOP | 2006年会津の旅・二日目>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/331-82698f8c


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 週刊少年ジャンプ・2006年42号、を読む ... 稀有なほど希