稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
月館の殺人:下巻、を読む
月館の殺人 (下)?? 月館の殺人 (下)??
綾辻 行人 (2006/07/28)
小学館

この商品の詳細を見る


以前雑誌での最終回時の落胆を記事にしましたが、
月館の殺人下巻=解決編が
単行本になりました。
買うかどうするかさんざん悩みましたが
上巻で感じたワクワクが忘れがたく
やっぱり購入。
結果大正解でした!

これ、単行本で一気に読んだ方が絶対面白いです。
雑誌で読んだ時のあっけなさを全く感じませんでした。
個人的には空海の電車初体験みたいな後日談も読みたかったですが、
(俺と空海のラブダイヤはどうなったのだろう…)
無くても余韻のある終わり方でそれもありかと。

書き下ろしでは佐々木さんによる打ち合わせ風景が
描かれていましたが、ちゃんと佐々木さん、自画像を老けさせている…!
この人は本当に全てそのまま描きたいんだなぁ。
この作品が面白かったのは、
佐々木作品特有の表現なのか、推理ヒントなのか分からない所でした。
上巻途中まで本当に推理マンガなのかと疑い、
第一の殺人が起こっても生き返るんじゃないかと怪しみました。
過去の佐々木作品を読んでいるとどうしてもそう思ってしまうんですよね。
ある意味ミスリード。
それだけに殺害シーンは怖かったなぁ…

その書き下ろし後書きにあるカミムラさんの様子が鉄子の旅そのままで笑いました。
(この二作品の担当者はどちらもカミムラさん)
スポンサーサイト

【2006/08/05 22:19】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<おしゃれイズム:ゲスト・宮藤官九郎、を見る | BLOG TOP | 週刊少年ジャンプ・2006年35号、を読む>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/271-f56f9aeb


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 月館の殺人:下巻、を読む ... 稀有なほど希