稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
超空転神トランセイザー1巻、を読む
超空転神トランセイザー 1 (1) 超空転神トランセイザー 1 (1)
美川 べるの (2006/03/23)
講談社

この商品の詳細を見る


例によって、美川べるのは面白い。ということで。
思えば私が美川さんを好きになったきっかけは、
アンジェリークのアンソロジーで描かれていたのを読んでです。
衝撃でした。
超攻撃。オフェンスの鬼。それが美川さんへの第一印象でした。

それを踏まえて新刊のトランセイザーですが、
あのころの印象は全く変わらず。
むしろ掲載がインターネットという媒体のせいか
よりアグレッシブになってました。

美川べるのさんの作風は既存のジャンルへのアンチテーゼです。
このパターンだったらこうくる、というのをあえて外すのは、
大きな意味でジャンルをパロディ化してるんですが、
それも美川さんがサブカルに深い造詣があるということ。
「裏をかく」作家ということでしょうか。

今回は「魔女っこ&ヒーローもの」でした。
と、いうか「ヒーロー(魔女っこ願望)」でした。
主人公の無個性ぶりとかも、あえてとしか思えないです。
描きたかったのは悪の四天王なのかな…
シトリンとか、あほのこコーラルとか。
シトリンみたいなのをツンデレというのかしら。
彼女いいですよねー。

日本ブレイク工業のMANZOさん作曲、
「超空転神トランセイザーLv1~そうよ私はトランセイザー」
も必見の名曲。(こちらからどうぞ)
二巻が楽しみです。
スポンサーサイト

【2006/06/12 22:44】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<週刊少年ジャンプ・2006年28号、を読む | BLOG TOP | スマステ:W杯特集、を見る>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/212-60ed9556


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 超空転神トランセイザー1巻、を読む ... 稀有なほど希