稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2006年21号、を読む
今週号を買うときに、本誌表紙を見て新連載が無くなったのかと思いました。
ネタになった大石先生のときとは違い、物悲しさすら感じる「TO LOVEる」。
先行きどうなるのでしょうか。

では今週の感想です。

・ONE PIECE
実を食べた直後の人間ってその能力を把握しきれなくて、
慌てているものとばかり思っていましたが、
カクとは違い完全に使いこなしていますカリファ姉さん。
技名とかあの短期間に名付けていったのでしょうか。すごいぞカリファ姉さん。
それともまだ使いこなされていない部分が今後発覚し、それが勝機となるのか。

あと、なんだかエロチックですねカリファ姉さん。
このことに関しては他の感想サイトさんで存分に語られることでしょうが、
私も一つ。

サンジ、隅から隅まで洗われたんだぁ…

・BLEACH
雛森が復活していない感じはすごい良かったです。
どうやっても前のようにはなれない方がいい。
(吉良はあっさり戻ったけど)

・NARUTO
サイの絵本って浦沢直樹のMONSTERに出てくる話に似ていますね。
あれはハッピーエンドじゃなかったけど。

・銀魂
はっ…ケチャラーのひと、氣志団にいそうな感じだ!
今更だけど!

・家庭教師ヒットマン REBORN!
ひ~~~お兄さん素敵~~!!!
何が素敵って実は円陣組みたかったんだ、ということが…!
(ボクシングは個人競技だからでしょうか)
同じく体育系の山本二人はノリノリでそれもまた微笑ましいです。
ツナもちゃんと声出ししていてグー。
この2ページ好きだ~

先週からまさか…と不安がよぎりましたが、ルッスーリアさんはお兄さんが好みだとか。
やばい。趣味が同じだ…!
もうルッスリーアさんは了平に、こてんぱにやられてさらに惚れ直して
ボンゴレに付いてくればいいよ。きっといいキャラになれるよ。

ところで、ツナがサングラスをかけていると心配している様子が
今一わからないのが難点です。
面白すぎる。

・テニスの王子様
あまりにも桜乃ちゃんが不憫ではないでしょうか。
ヒロインなのに主人公の試合を見ておらず、
そのことは物語のストーリーとは関わらず、
あげく主人公は試合に勝つ。
これがミスフルならこれだけで一ストーリー作るってもんですよ。
せめて金ちゃんが桜乃に惚れて云々ぐらいがないと…
うう、気の毒だ…

まあその気の毒さも不動峰ファンの皆さんに比べれば
どうってことはないのかもしれません。

・DEATH NOTE
まだここから大どんでん返しがるんじゃないか…と思うんですが、
もしそうじゃないのならやっぱりLでこのマンガは終わるべきだったんじゃないかな。
どうやっても不満は残るんでしょうけど。

・魔人探偵脳噛ネウロ
あああああああ面白いぃぃぃ…!!!
魔人として弱体化しているんじゃなくて、人間に近づいているんですね。
それが結果的に弱っているのと同じに見えるんだ…
また今回はXの悲しみ、不安がすごくわかりました。
もっと好奇心に近いものかと思っていたんですが、違った。

そんでもって由香ちゃん。
母親と塔湖氏の間に性的交渉はなくて、
塔湖氏が実の父親だとしたらお母さんは違うのかとばかり。
二人とも本当の両親なら、両親同士の葛藤とか深みが増す気がします。

松井先生の二重三重の深みに、私もうどっぷり。

・ツギハギ漂流作家
大伴さんのスマッシュの仕方が普通にテニスみたいです。

・太臓もて王サーガ
宏海中心話は私が彼が好きなこともあって贔屓目に見てしまうんですが、
それを置いておいても大亜門先生もノリノリで描いている気が。

ところで「家のカレンダーに印までついていたのに…」って
一瞬宏海が自分でつけたのかと思いました。
パパですよね、多分。
それでもどうせ誰も来ないから誕生日を開かないとか、
生徒会に絡まれているのか心配しているあたりが、
ただのお人好しではすまされない「さびしんぼ宏海」疑惑が。
もえっ。

伊舞ちゃん好きとしては「ねーっ」とかが可愛くてたまらんのですが、
(太臓とあんな素直に付き合えるとか、すごく可愛い)
あんなTシャツをプレゼントするのはやっぱりブラコンなんですね。
もえっ。
スポンサーサイト
【2006/04/27 14:52】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<よつばと!5巻、を読む | BLOG TOP | 近藤勇命日、のこと>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/162-cc85742c


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 週刊少年ジャンプ・2006年21号、を読む ... 稀有なほど希