稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
金魚屋古書店三巻、を読む
引越しをして、荷物の整理がついたので買うのを我慢していたマンガを
爆発的に購入しました。
ので、時期的に「今更?!」なマンガもありますが、ちょこちょこ
感想を書いて行きたいと思います。

まずは、まだ最近発行の芳崎せいむ『金魚屋古書店』の3巻。

全巻を通して「なんとなく感じるぎこちなさ」はいまだ拭えないんですが、
(ネームのせいなのか、人物のポージングのせいなのか)
やっぱりマンガを愛する人全てに共通する何か、を感じさせるマンガです。
そういう意味で『燃えろペン』とかもそうかも。
ああ、マンガが好きでヨカッタなぁ・・・と言う感じです。
基本的に作者がマンガを愛しているのが伝わってくると
読み手としては大変嬉しいので。
マンガが好きな人って、仲間だよなぁ・・・

今回登場する実在のマンガ、ザ・同世代なのは「セーラームーン」なんですが、
お話として嬉しかったのはロード・オブ・ねこたま堂かな・・・。
トメさんが好きなもので。
あれ、知っているマンガが出てくると胸が躍って
(川原泉に触れられていたのが嬉しい。是非テーマにも使って欲しい!)
知らないマンガが出てくると欲しくて仕方なくなりますね。
斯波さんの、「(マンガを二つに大別するとしたら)読んだことあるマンガとまだのマンガ」
というのは目から鱗だった。

ううむ、そう言えるようになりたいものです。
スポンサーサイト

【2006/04/16 23:14】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<絶対可憐チルドレン1~3巻、を読む | BLOG TOP | キャイ~ン・ウド鈴木結婚、のこと>>
この記事に対するコメント
本屋に行くたびに気になっている本です。
半年以上にわたりフェア扱いなので、その書店(中級のロードサイド書店だけど、漫画にそこそこ力を入れている)一押しってことなんだろうな~と思ったりして。
というわけで、こちらのエントリを拝見して買おうかなと思っている次第です。
【2006/04/16 23:28】 URL | 35式 #- [ 編集 ]
>35式さん
コメントありがとうございました!
私も一巻が発売されて雑誌で特集が組まれているのを読んで買ったクチです。
ご存知かもしれませんが、「上下巻」として発行されている分と
今発行されている分は掲載誌が違うので、若干テイストも異なっています。
でも、マンガ愛はどの巻にも溢れていますのでオススメですよ!

是非読まれた感想教えてくださいね。
【2006/04/17 16:26】 URL | マレ #8.x/Ed36 [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://mare133.blog43.fc2.com/tb.php/150-da4fb8bc


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 金魚屋古書店三巻、を読む ... 稀有なほど希