稀有なほど希
●○●ケウナホドマレ is マンガやテレビの雑多な感想●○●
04 | 2006/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
マレ(奈良出身・京都在住)
  • マレ(奈良出身・京都在住)
  • マンガとマンガとテレビを愛しています。
    SMAPと2004年度大きな河ドラマに未だはまり中。
    語り倒してます。

    正義感溢れる筋肉を愛する。でもメガネやもやしっこも好きです。
    現在の一押しマンガは入江亜喜さんと岩本ナオさんだな~

    詳しいプロフィールはこちら

    TB、リンクはご自由にどうぞ!ただし、管理者の判断により、宣伝目的等ブログに関係のないコメント・TBは削除させていただきます。




    返事が必要ない場合は文末に「×」をつけてくださいね。




  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
おおきく振りかぶって・6巻、を読む
おおきく振りかぶって Vol.6 (6) おおきく振りかぶって Vol.6 (6)
ひぐち アサ (2006/03/23)
講談社

この商品の詳細を見る


ひぐちアサ『おおきく振りかぶって』の6巻をようやく購入しました。
何が好きというわけでもないのですが、
めちゃはまっているというわけでもないのですが、
どうも買わずにはいられない作品なのです。

このマンガって、現代っぽいですよね。
もちろん作者が女性というのも関係してるんでしょうけど、
「女の子と野球」という観点からしても現代っぽい。
新しい、という点ではメンタルトレーニングの多さとかも
挙げられます、きっと。
なんで主人公たちが試合に勝てるのかが、ちゃんとわかるマンガです。
それとも今後圧倒的な天才肌が登場するのかしら?

しかし試合が長い!6巻にきてはじめてそう思いました。
単行本でそう感じるのだから、雑誌派の方は辛いだろーなー。
月刊雑誌のスポーツものってこれ以外読まないので、
(現連載中、という意味です)
それに適した読むスピードがわかりません。
6巻は長い。それだけが確か。
スポンサーサイト

【2006/05/31 22:24】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
山本土方フィギュア発売、のこと
新選組!!ロマンチ!!!サイト!!!!にて
土方歳三フィギュア発売の告知が出てました。
山本耕史さんそっくりに作られるそうです。
限りなくそっくりだそうです。
買うかどうかは判断つけかねますが、見てみたい気はしますね。

ご要望にお答えして、とありましたがどうせフィギュア化するなら
トシ以外にもしてほしいな~。
香取近藤バージョンなら即買いなんですけど。
肖像権の問題とか、勿論あるんでしょうが…

グッズというか、こんなのが欲しいのは新選組!トランプです。

が新選組メンバー
は幕府の方々&多摩人
はライバルたち
で華々しく女性陣
ジョーカーは…捨助で決まりでしょうか。または三谷さん。

こんな絵柄で是非欲しい~~
1からKまで考えようと思えばできますが、
あまりにもむなしいのでやめておきます…
ノリがトレカみたいですが、まあそんな感じで。
妄想だけがとめどなく…!!

とにもかくにも、放送終了後もこうやって動きがあるのは幸せなことですね。
スタッフの皆さん、ありがとうございます。
【2006/05/30 23:07】 2006年組!と組!!(三谷もの含)感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2006年26号、を読む
一体何の奇跡がおきたのでしょうか。
今朝、駅の売店で表紙が目に入った瞬間、わが目を疑いました。
そんな…まさか…?!!!

と、いうわけでもうお察しですよね。
近藤勲祭りが開催です。

以下、近藤勲大フィーチャーでお届けしますので、
それを聞いて気分の悪くない方だけ「read more」をクリックしてください。

クリックされた方、勝手に同志と呼びますけどいいですか…?
(なんの罰ゲーム?!!)


[READ MORE...]
【2006/05/29 19:07】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
平成教育委員会:ゲスト三谷幸喜、を見る
平成教育委員会にゲストとして三谷幸喜さんが出ていました。
エッセイ『オンリー・ミー』に書かれていた
平成教育委員会にまつわる悲しい出来事を
読んだ後では、思わず応援にも力が。
しかし心配無用でしたね。
今回は漢字能力検定スペシャルだったので
結果二位でした。
一番の見所は細馬にまつわる箇所でしょうか。
答えにない正解、ってかっこいいな~
合ってると思わなかったって顔でしたが。

久しぶりに見た平成教育委員会でしたが、三谷さんのおかげで楽しめました~

【2006/05/28 21:42】 2006年組!と組!!(三谷もの含)感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
エンタの神様で桜塚やっくん、を見る
巷で噂の桜塚やっくんをエンタの神様で見ました。
この人のことだったのかー!
名前だけよく聞いていたんですが、
やっと顔と一致しました。

というわけでまだ一つしかネタを見ていないので
どんな方なのかはわかっていないんですが、
この人の女装には萌えがあると思います。
美川べるの風に言うなら「萌えと勢いがある」。
人気も頷けます。
実はいい人そうだし。
これからもチェックしていきたいものです。
【2006/05/27 23:06】 テレビ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
第32回放送文化基金賞受賞、のこと
新選組!!~土方歳三最後の一日、が
第32回放送文化基金賞・テレビドラマ番組賞を受賞しました。
わ~おめでとうございます!拍手!!
サイトはこちら

放送終了後、こうやって評価を受ける様子が見れるのは、
ファンとして本当に嬉しいです。
もちろん自分が面白いと思ったものを、他人がどう思おうと関係ないんですが…
やはり形として認められるのは、すごく感激します。
ザ・テレビジョンのドラマアカデミー賞とかね。
受賞の記事読みながら泣いたからね。
バッシングの様子を当時、リアルタイムで感じていたからでしょうか。
あの一年間は視聴率で、なぜか私が悩んでいましたし。
スタッフ、キャストの皆さん。
ファンの皆さん。
おめでとうございます。

ところで、本賞受賞の「クライマーズ・ハイ」ですが、なぜ前編だけが受賞?
前後編なんだからいっしょに評価されるべきでは…
ちょっと笑ってしまいましたよ。

【2006/05/26 16:20】 2006年組!と組!!(三谷もの含)感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
オーラの泉:ゲスト・佐々木蔵之介、を見る
世の中で一番好みの顔、といえば私にとっては佐々木蔵之介さんです。
舞台はヴァンプ・ショウしか見たことないので
ファンとは到底いえない俄かものなんですが、
たいそうお顔が好きなのです。
あまりバラエティに出られないので、素顔が見れて貴重でした。
意外にマイ・ペースな方なんですね。
というか一人好きの様子。気が合いそうです。(?!!)
怪談話は私も一人暮らしなんで怖かったですが、
ご本人は楽しそうなんで、まあ、いいかと思って聞いてました。

前世&守護霊は山伏ということ。
山伏は守護霊になるパターンが多いんですね。
よくこの番組で出てきません?
芸能と何かつながりがあるってことなのかな…

佐々木さんが時折見せる関西弁にメロメロでした。
すてきだー!

ちなみにご実家の酒屋さんはこちらだそう。
二条城の近くなんだ。
販売されている百貨店には、寄ることができそうなんで
一度飲みたいものです。
【2006/05/25 20:48】 テレビ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
アニメの近藤さんがみたぃぃ…!!!
銀魂アニメ、今週は近藤勲祭りの回だったようで。
見てくて見たくてどうしようもありませんが、本当にどうしようもありません。
あんまりにも羨ましくて感想サイトめぐれない…
でも、すごく良かったみたいですね。何よりです。
これで少しでもファンが増えるといいなー。

ああ、もうDVD買うしかないのか…?!!
(レンタル待ちの時間が惜しい)
助けて!
【2006/05/24 23:02】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
JALコマーシャル・「クラスJ:空でゆっくり編」、を見る
三谷幸喜さんが出演されている、JALのコマーシャルを見ました。
脚本を執筆しながら、その世界に没頭しつつ
眠りに入ってしまうというストーリー。
脚本(夢)の世界ではハードボイルドに美女と三谷さんが二人いるようです。
女性と並んでいるところを見ると、三谷さんて背が高いことがわかるな~
和田誠さん描き下ろしのイラストが可愛いです。

でも、三谷さんって飛行機苦手なんだよね…。
エッセイでも触れられてました。

CMはこちらからも見れますよ~
【2006/05/24 20:05】 2006年組!と組!!(三谷もの含)感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2006年25号、を読む
先日、少しオタクの入った女友達とジャンプトークしていましたら、
銀魂の話になりました。
彼女は真選組が好きだというので、私としても気合を入れて
近藤勲押しを始めたんですが、「えー、あれはないよー」と言われました。

おまっ…バカじゃねーの…?!!(心の叫び)

いや、でも世間的はそうなんでしょうね。きっと。
「真選組が好き」と発言する人の、少なくとも女子は土方と沖田が好きなんだろう。
彼女たちの中の真選組には近藤さんは入っていない。
山崎よりも入っていない。
ものすごく腹が立つけどこれが真実なのかしら…
男性ファンは多い気がするんだけど。

と、いうわけで当ブログは世間の数少ない近藤ファンを満足させるべく
日夜叫んでいきたいと思います。
もちろんそうじゃない人も、せせら笑ってくだされば幸い。

では今週も感想どうぞ~
[READ MORE...]
【2006/05/23 22:31】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
吾輩は主婦である・第1話、を見る
長い間楽しみにしていた、クドカン脚本の昼ドラ「吾輩は主婦である」
の放送が開始しました。
発表から随分長い時間が経った気がしますが、
(当時の感想はこちら
期待していた甲斐があって、大満足の初回でした。

やっぱりクドカンは恋愛物のほうがすき…
ちゃんと仲良し夫婦なのがいいですね。
しかし突然の退社宣言に嵐は到来、あらすじにある
夏目先生憑依まであと少しでしょうか?!!

斉藤由貴、及川光博のユニット・やな家が歌うオープニングもグー。
途中ミュージカルも入ったりしていてクドカン節炸裂です。
こんなところはマンハッタン・ラブストーリーっぽいかな。
個人的にはヒュースケンこと川平慈英の出演に大喜び!

毎回感想は無理ですが、思いついたら感想書いていきますね~

【2006/05/23 00:13】 テレビ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
アニメ・ONE PIECE新OP&ED、を見る。
最近とりっぱなしにしていてアニメ見てなかったので
いつからかはわからないのですが、ONE PIECEのOPとEDが
変更になりました。
何年経ってもOPが変更したときのワクワクは変わらないな~
前回が歴代で一二を争う好み(作画監督が真庭さんだったし)でしたが、
今回もなかなか。曲とすごくあっているスピード感。
前回はフォクシー海賊団登場前だったので、カクとかがめっちゃ
良い者笑顔だったのもいい思い出です。

映像としての見どころは、カリファと互角に戦っているサンジでしょうか。
…この頃はなぁ…
この絵コンテを切った人は今のジャンプの展開を見て
後悔したに違いない。
まさかこうなるとはなぁ…
あと、フランキーが一味に混じって映像化されていたので
仲間になる可能性がまたぐんぐん上昇なのかしら。
「バケモノチョッパー」も登場という、仕事の速いスタッフさんに拍手。
D-51の曲もいいです。好き。

EDに関しては、イラスト募集はやめてほしかった…!!!
いや、小学生以下ならいいんですよ?
なんかいたたまれないのが登場したらどうしよう!みたいな。
でもせっかくイラストコーナーにするなら
ウソップギャラリー海賊団にすればいいのになー。
【2006/05/22 22:15】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
スマステ5:歌舞伎特集・ゲスト:松本幸四郎、を見る
三谷さんからのコメントがあると知って楽しみにしてました。
歌舞伎特集は前から結構多いんですが人気があるのかな?
「知っているようで知らない」ものの代名詞みたいなものですし、
日本人の教養力が試される分野でもあると思います。
落語とかシェイクスピアとかもこの分類。
私は勿論無知もいいところなんですが。

期待してなかったんですが、幸四郎さんが三谷さんが憧れた
大河ドラマ「黄金の日々」の主役ということもあって
ちょびっとばかし新選組!の話題も。
会話の内容から察するに、幸四郎さんは三谷さんのエッセイの読者なのかしら。
よくわかりませんが…
編集で(今回は生放送じゃなかった)ブチぎれてしまいましたが、
香取君が舞台に出ない本当の理由をちゃんと知りたいなー。
来週もあるようなのでそこでまた発言があるのかな?
前々から言っている、同じことを何度もできないというのは
もっともな理由ではあると思いますが。

でも三谷・作演出の香取慎吾のミュージカルなんてすごすぎて泣いちゃう。
チケットどうやって取ればいいのかと、想像だけで泣いちゃう。
【2006/05/21 10:51】 SMAPの感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
檸檬、を読む
梶井基次郎『檸檬』を読みました。
というか勉学上読む必要があったので…
中学か何かの教科書に載っていたのを懐かしく思います。

当時の作家独特の病んだ世界観は、どこか共感するものがあって
心地よいのですが、やはり若干の「ウワー」は否めません。
それを楽しむのもまた一興なんですけどね!

残念ながら京都丸善は潰れてしまいましたが、
閉店前に檸檬を置きに来る客が殺到したというウワサ。
みなさん好きですね…!
【2006/05/20 10:38】 マンガ以外の書籍感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
漢式・青春ばくはつ劇場3巻、を読む
漢式青春ばくはつ劇場 3 (3) 漢式青春ばくはつ劇場 3 (3)
美川 べるの (2006/03/23)
講談社

この商品の詳細を見る


美川べるの初の最終巻、というわけで漢式青春ばくはつ劇場の3巻を読みました。
いやーダークダーク。
他の作品、というよりも他の巻と比べてもダントツでダークでした。
ダークでかつ下ネタ多いな!という…(しかも直接的)
掲載がネットというユルさがこのようになってしまったのでしょうか。
美川さんのいい感じのコワさが出ていて面白かった。
一応漫研の話なのでマンガの定番をネタにする、みたいなのが
多い作品だったんですが、今回ボーイズラブネタが多いので
一層大変なことになていました。
みかべる節暗黒面といったところでしょうか。

新連載のほうも斬新でたのしみだー。

【2006/05/19 09:55】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
プロフィール詳細
開設して数ヶ月経っていますが、プロフィールの詳細を書いてみました。
もし、仮に、例えば、万が一、億が一、興味をもたれましたら
下記からどうぞ~
大したことは書いていませんが…

プロフィール欄にも貼っておきます。

わたしのプロフィール
【2006/05/18 23:45】 分類不可能 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
龍の花わずらい・1巻、を読む
龍の花わずらい 1 (1) 龍の花わずらい 1 (1)
草川 為 (2006/01/05)
白泉社

この商品の詳細を見る


草川為『龍の花わずらい』の一巻を読みました。
友人からのお勧めです。
この方、為(ため)ではなく(なり)と読むんですね…。

話は中華ファンタジー逆ハーレムもの。(多分)
二人の美形男性が主人公をとりあう系です。

ホスト部にしても、少女マンガの逆ハレーム現象、進んでおります。
昔の少女マンガは一人の男性を複数のライバルと争う、
というのが主体でしたが、
今では複数の男性に愛される主人公のストーリーが増えてきました。
女子の欲望が男子のそれと近寄ってきたのかしら?

個人的に、逆ハーレムものは嫌いじゃないですが、
『龍の花わずらい』はコメディタッチなのに救いようがなくて…
なんだろう、この感じ。う~ん辛い。
あと、逆ハーレムな以上主人公への好感度が高くないと
不満が積もるんですが、その点でもどうかなぁという感じです。
なんでこの主人公に惚れるのかわからない。
ううむ。

二巻も発売されているようなので、
そこでまた印象が変わるかもしれませんが
【2006/05/17 22:05】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2006年24号、を読む
土曜日、実家に帰ってBS1を見ていたら、デスノートの最終回予告が出てました。
いや、たぶん何かのエンタメ情報番組だったんだろうと思うんですが
まさかNHKにネタバレされるとはびっくりです。

そんなわけで、マンガ史に残るであろう作品が今週終わりを迎えました。
NHKも思わず放送するってものですね。

ではどうぞ。

[READ MORE...]
【2006/05/16 20:52】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
東京フレンドパーク2:ゲスト・中村勘太郎&七之助、を見る
例のごとく危うく組!カテゴリーに入れそうになりましたが
何とか押しとどめました。
いや、クイズのところで少し触れてもらえるかなーと期待したんです。
組!出演者が出るたびに毎回期待している気がしますが、
今回もそうだったんです。
そして結局いつものように「そりゃ他局だもの…」と打ちひしがれました。

しかし、やっぱり私の中で勘太郎さんはへーだ…
途中であまりの素敵さに「何だこのかわいい人!」と枕に向かって
ジタバタというダメ乙女ぶりを発揮してしまいました。
(特にダーツの辺り)
そりゃ七之助さんもブラコンになるっつーねん。
極度のブラコンなるっちゅーねん。
もうめろめろです。
それでなくとも二人の助け合う姿にはじーんとくるものが
あるというのに!
勘太郎さんの素敵振りに顔のにやけがとまりません。

2度目のグランドスラムは叶わず残念でしたが、
そのあとのダーツである意味美味しすぎたのでそれも良し。
なかなかいい番組でありました。
【2006/05/15 20:24】 テレビ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
スマステ5・宝塚特集第二弾:ゲスト・真矢みき、を見る
最近宝塚を文化史的にチェックしているので、
スマステでの宝塚特集を興味深く見ていました。
(研究分野がその辺なのです)
最近のスマステ・フェミニズム傾向を見ていると、
「今年のSMAPメインテーマだものね…」と思う反面
「だったら後ろの女性外国人の扱いをどうにかしろよ」と
不快になったりならなかったり。
よくわからん。

特集に関してですが、関心もあった上に真矢さん好きなので
面白かったです。
「男らしく」座りなおした時の真矢さんステキだったなぁ!
「男~男~それは愛♪」を思い出しました。(これは竹の塚)

まさか坂本竜馬とか上演しているとは思わず、
少し食いついた香取君に嬉しかったり…
一度観に行かないといけないので、せっかくだから11月まで待って
坂本竜馬の再演のチケットを取ろうかな。
どのように購入したらいいのかさえ分かっていませんが、
一度参戦してみるつもりです!
【2006/05/14 21:42】 SMAPの感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
The有頂天ホテル・DVD発売決定!、のこと
The有頂天ホテルのDVDが8/11に発売されるそうです!
(Amazonはこちら

今まで映画のDVDって全く持っていなかったのですが
これは是非ほしいなぁ。
未公開シーンというのが気になる…いっぱいありそうですしね。
あと、劇場オフ電というのも普段映画館に行かない身にとっては
ありがたい。(ちなみに有頂天ホテルのときのオフ電CMは海猿でした。)
たのしみ~~~♪
【2006/05/13 02:10】 2006年組!と組!!(三谷もの含)感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
週刊少年ジャンプ・2006年23号、を読む
うっひょ~い。
新しい環境でようやくジャンプ感想を更新できます。
先週まではパソコンはあるもののネット環境がなくて
ネットカフェにデータ持ち込んでこそこそやってました。
(普段の更新はケータイでしてましたので)
わ~い、嬉しいな~
これを機にもうちょっとサーチとか参加するつもりです。

そんな喜びのまま、今週の感想へどうぞ!
[READ MORE...]
【2006/05/12 01:22】 2006年Wジャンプ感想(含む周辺情報) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ネットができるようになりました、のこと
引越し先からもネットができるようになりました。
セットアップに疲れたので、ジャンプ感想はもうちょっと待ってください…
でも嬉しいな~~
【2006/05/11 19:47】 日々の感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ホームメイド1巻、を読む
ホームメイド 1 (1) ホームメイド 1 (1)
谷川 史子 (2005/02/15)
集英社

この商品の詳細を見る


谷川史子『ホームメイド』1巻を友人に借りて読みました。
谷川作品を読むのはりぼん読者だった時以来…
単行本は『きもち満月』を持っていて大好きな作品であります。

新作をとんと読んでいなかったんですが
流石にベッドシーンが登場することにびっくり。
掲載誌が変わると読者層も違うのね…
やはり昔の谷川作品とは何か違う気がしました。
(当たり前かな)
表題作『ホームメイド』は人物の気持ちが
丁寧に描かれた素敵なお話でした。
奈良県もちょこっと登場して嬉しいな
【2006/05/10 23:42】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
見仏記、を読む
最近どうも仏像が気になっており、
いとうせいこう・みうらじゅんの見仏記を読んでみました。
噂に違わず面白かった~
京都・奈良が多いので地理的にも馴染みがあるし、
何より気持ちがよく分かります。
仏像には恋しちゃうよね…

これは全巻読破の必要ありかも!
【2006/05/09 23:55】 マンガ以外の書籍感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
仮スマ2巻、を読む
櫻井リヤ「仮スマ」の2巻をようやく見つけて買えました。
ギャグマンガの単行本(特に少女マンガ)は
本屋で見つけるのが一苦労です。
そのかわり見つかったときには雄叫びをあげそうになったり…
気分はもうトレジャーハンター。

それはまあ置いておいて仮スマです。
なんで人気美形ミュージシャンの素顔は地味な田舎者、
という設定だけでこれだけネタを描けるんだろう?!
全然横道をそれずにそれだけを追求する櫻井先生に痺れます。
関西人としては花音さんが好きなんですが、
素顔サクと仲良しになってきてるのが嬉しいな~
【2006/05/08 23:30】 4コマ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
おしゃれイズム:ゲスト・香取慎吾、を見る
なんで今の時期に香取君がこの番組に出るんだろう、と
疑問に思っていたら推理不足に気付きました。
そういえば資生堂提供でしたね。TSUBAKI絡みで出てきたのか。

久しぶりの香取君単独でのゲスト出演。
(だと思うんですが違いましたでしょうか。最近記憶が曖昧模糊)
結構知らなかった話が多く聞けたように思います。
「心の黒いうさぎ」は我々の心に強く刻み込まれました。
二年前と言うのは・・・もしかしなくても大河のときでしょうか・・・。

三谷さんくるかなーと期待していたので、少し出てきたのには大喜び。
携帯電話ネタはもうそろそろ聞き飽きた感もありますが、
大河、SMAPファン以外の人にとったらまだまだ新鮮なんでしょうね。
名前は出てきませんでしたが「ちょいちょい教えた人も・・・」の
「ちょいちょい」には副長こと山本耕史さんも入ってるんだなぁと
思うと大河ファンとしては心があったまります。
あえて触れないのもまたよし。
世間的にも織田裕二さんとの話の方が関心あるだろうし。

思ったより香取氏のブラック面がフューチャーされていて満足です。

ただ、TSUBAKIのCMをバージョン別に延々と流されたのには
少々うんざりしました。
ナレーションも同じものだから、壊れたCDが
何度もリピートしているようで・・・
辛かったぁ・・・

【2006/05/07 22:58】 SMAPの感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
月館の殺人・最終回、を読む
IKKI立ち読みして腰が抜けそうになりました。
むしろ腰が砕けそうと言うべきか。
なんにしろ店で体が崩れ落ちそうになったのは初めてです。
とりあえず後編の単行本が発売されたら改めて感想を書くつもりですが、
これだけは言いたい。

伏線はどうなったんだ・・・・・・・・・・?!!!

単行本でフォローが無かったら、どうしよう。
ああ、前半はあんなにも面白かったのに・・・!
【2006/05/06 23:01】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
高橋留美子短編集、を読み返す
高橋留美子短編集を色々読み返しました。
高橋留美子作品は犬夜叉以前は網羅してまして、
長編も好きですが短編もなかなか。

短編集としては『1orW』が一番好きです。
読みやすい、軽い、と色んな理由があるんですが
少女マンガが一編含まれているのが大変興味深いです。
高橋留美子にとっての少女マンガとは何かがわかるんですよ。

まだまだ高橋作品には語りたいものが多いので
またいつか取り上げたいと思います。
【2006/05/05 23:30】 マンガ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
細かすぎて伝わらないモノマネ選手権Ⅷ、を見る
今日はみなさんのおかげでしたで、もはや恒例の
細かすぎて伝わらないモノマネ選手権第八回が開催されていました。
あーもう大好き。すっごく楽しみにしていました。
30分過ぎるのがあっという間でしたよ。
是非特番組んでもらいたいなぁ・・・
そうなったらそうなったで面白さは薄れるのかもしれませんが。
私はプロレス分からないんでたまにキョトンとしてしまうんですが、
それでもジャイアント馬場の変な間なんかは笑ってしまいました。

今回のお気に入りは、目下大ブレイク中、
博多大吉・華丸の華丸さんの王貞治監督。
目が、目が似てる・・・!!!
児玉さんも面白いですが、王監督も押していってほしい所です。

次点は米米クラブのバックダンサーのモノマネ。
コンビ名を失念してしまったんですが、(また調べておきます)
ものすごくよかった。
来週の後編にも出てくるようなので期待しています。

特番はともかく、1時間延々と流して欲しいキモチは、ある。
【2006/05/04 22:24】 テレビ感想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
稀有なほど希 2006年05月 ... 稀有なほど希